ファー マー シンプソンです。

今日半年振りに松戸運動公園で野球の練習をした。
今日は参加できるかビミョーなスケジュールだったのだがギリギリ参加できる見込みがたったので飛び入り参加。
人工芝が綺麗だった。

行ったらタイガースやらベイスターズやらが居たのでこちらも負けじとライオンズやらイーグルスやらで参加した。バファローズやらドラゴンズやらマリーンズやらも待機していたけどお色直しじゃあるまいしそうそう着替えなどできない。

事前にLINEで「今日はアンタら守備練で奔走させるでぇ、覚悟しいやぁ、フフフ」(意訳だがニュアンスは極めて近似)という不吉なメッセージが入っていたので念のためにカメラマンとして参加して練習をサボる手筈を整えた。
もちろんカメラを持っていったのは綺麗な人工芝を撮りたかったからというのが第一目的だが、別に邪な第二目的があったとしてもいいだろう。
で、ライオンズのユニフォームに着替えてカメラを持って参加したのだが参加して数分で不吉なメッセージを入れた張本人にライトに入るように言われ、カメラを持っていった目的が潰えてしまった。
少しは時間を稼げるハズだったのに。ガッデム!くそっ。偶然か、それともFMの邪な目的など最初から看破されていたのだろうか?
だとしたら侮りがたし。次回からは参加した上で楽しめ、かつ過度な練習を回避できるもう少し手の込んだ練習回避方法を見つけておかなければならないな。

で、しょうがないので真面目に守備練習に参加しようと思ったのだが周りを見渡すと人工芝が本当に綺麗で、試しに芝を摘んで引き抜けるかを確かめてみた所、とくに抜ける気配は無かった。
そりゃそうだ。ちょっと引っ張っただけで人工芝が抜けてしまったら今年1年人工芝が持たない。それでは東京2020でキューバ?だかベネズエラ?だかに練習拠点で貸す時にはハゲ上がっているだろう。
松戸市としてもそこらへんは抜かりが無いようだ。ちっ。つまらん。

そんなことより今日の練習についてだ。

今日は完全に守備練をみっちり2時間行った。グリップとワッペンでカスタマイズしたギガキングは完全に蚊帳の外もといベンチの内で一振りの出番も無かったがバットは試合で使えばいいのでそれは別にいい。
ライトとファーストとセンターの守備練習についたが、やはり守備は苦手だ。まず照明が邪魔だ。すぐにボールと視線の延長上に現れるあのデカブツめ。とにかく邪魔だ。もうすこし拡散させた光源は無いものだろうか。
おそらく、いや完全に光源のせいで守備が荒れに荒れた感じであり、決してFMの下手糞さが原因では無いはずなのだが今日はミートストップを連発する羽目になった。
左腕に直撃、アゴに跳ね返りがアッパーカウンター、股間にヒット、腹でドッヂボールキャッチと多種多彩なミートストップが発生した。
腕や腹にヒットするのは毎度の事なので特に問題は無いのだがアゴや股間はちょっと問題だ。アゴは出汁をとる物でボールをヒットさせる場所ではない。股間は言わずもがなだ。いくら軟式とはいえ危険すぎる場所である。
いつもなら華麗なステップで回避し後ろに後逸させて難を逃れるのだが、今日はなんだか左ふくらはぎに張りを感じていてPCで言うところのセーフモード状態で練習に望んでいた。そのうえ練習回避策を看破されたショックか自慢のボール回避術が発動しなかったようだ。本当に色々なミートでストップを余儀なくされた。ボールの落下地点には入るのだがことごとく反発する。M球め、まったくもって生意気な奴だ。

ライトの守備練、ファーストの守備練と時間が経つにつれ事態は悪化の一途を辿った。ファーストの守備練はやはりワンバウンドが取れない。頭の中でボールの軌跡を点ではなく線で計算し間違いなくそのラインと交錯するようにグローブをワイピングさせているはずなのだが一度バウンドしたボールは決してグローブと邂逅しない。世の中これほど不思議なことは無いだろう。もうこうなるとファーストの守備こそミートストップを使うべきだと思われるのだが、ファーストへの返球は低すぎる。ミートストップを是とした場合、ファーストベース手前で正座でもするしかない。そうすると腹と股間がおそらくヒットポイントとなるだろう。HP。RPGでいう所の生命力ではない。M球、を、あえけ、ぶつけて、ボールを、確保、するところ、である。そこまでしてストップをする義理も無いし、そもそもポジションが違う。ファーストはナチュラルボーンファーストたるキャップがいるのでこんな事に頭を悩ませるだけ無駄と言うものかもしれない。キャップは無駄にかどうかは神の味噌汁が体が大きいのでミートストップはかなり有効な守備手段であるかもしれない。腹に常に冷やしたスイカをデザート用に隠し持っていると言われるFMに比べて、全身にやわらかくジューシーな肉厚のチャーシューを複数枚巻いていて腹が減った時にいつでも毟り取って食べられるよう準備しているような体型と言われるキャップは、どの部位の肉にぶつかってもダメージは少ないだろう。的も大きいので主に直井・藤原両先生から絶大な信頼があるのもなるほど頷ける。キャップ、FM、中沢先生という今日のファースト守備連の人選が偶然なのか必然なのか興味があるところではあるが、ここに島ちゃんが入っていない事を考えるとたぶん偶然なのだろう。

守備連ラストのセンターはなんと言うか酷い出来であった。たぶん一度もノーバンで捕球していない。守備が苦手といってもコレは無いだろう。だいたいこんな出来でどこを守れば試合で役に立つと言うのだろうか?
守るべき場所が無い、という恐ろしい現実。試合で活躍しようと考えている中学生や高校生がそんな境遇であるならば、もはや絶望しかないだろうが明けない闇夜は無いので頑張って生きて欲しい。ただし昼と夜は交互に来るけどね。
幸い偶然にも今日は楽天のユニフォーム姿で練習に参加していたため、センターを守っていたらポロリが許される環境なので助かった。ありがとうオコエ。ありがとう楽天のユニフォーム。

と、くだらない長文に時間とサイト容量を費やしてしまったが、今日の要点をまとめるとこうだ。

1.練習の時はみんなバラエティーに富んだ格好で参加していてそのフリーダムな感じがとても良い。自由、大好き!
2.松平JRは足が迅い。打撃のボールが伸びる。
3.中沢JRは送球が上手くなってる。ファースト的にラク。
4.大塚先生レフトの捕球うまっ!
5.ミラーズ60番のユニフォームに袖を通した。半年かかった。嬉しい。これで偽おかわりをアクトできる。
6.キャップによると最近はプロもオールドユニフェアーらしいので再度近鉄のユニフォームを身に着ける機会があるかも。いや、あれ!
7.裏道を見つけたので松戸運動公園に来る選択肢が増えた
8.バレないように、練習に参加しつつも効率的にサボることができる練習回避方法を探す
9.ミートストップを念能力の発の域まで高める
10.人数が多い練習はやはり楽しい
11.この時期の夜は風があれば涼しい。汗をかけば涼める。この涼しさを堪能できるのは疎ましがられがちのあせっかきの数少ない特典である。風よ吹け!雨よ、去れ!

5月は諸事情で中々参加できないかもしれないが、参加するとやはり楽しい。なるべく参加できるように色々頑張ろう。

あ、中日の松坂さん、1勝おめでとうございます。
そして広島の逃走犯の方、おつかれさまでございます。留置先でゆっくりと疲れを癒してください。

追加。
塚本先生からLINEで画像を貰った。
急いで着たので上半身のユニフォームをベルトの中に入れないで写真を撮ったためマタニティードレスのようになっている。これなら太っているか普通なのか、パット見はわからない。
と思いきや、アゴが無い。ホーマーシンプソンを実写でやる時はアゴが無い人がアクターにならないとダメだよね・・・・・・立派に候補ジャン!!!
基本、自分の姿はこんな堂々と晒す主義ではないのだが、今日は特別に。60番のユニフォームを手にした記念の日として。60番のユニフォームとマイギガキングを手にしたからには狙うは一つ、柵越えあるのみ!
M球め、いつか柵の向こう側までぶっ飛ばしてやるからみてろよー!!!!!
公開期間満了にて画像削除。再掲載は10年後。