FM09です。

GWはもうすぐ終わり。
さあ私のために馬車馬のように、奴隷のように働け!日本人よ。

初期、謝張は高校生の時に日本に移住してきた在日中国人の富裕層という設定だったのでこのような台詞が似合いそうだなと、ふと思ったので書いた。
今はコリン星やニコルンビーム、そしてもうそろそろ加わるであろうちぇるちぇるらんど等の黒歴史となっている。
かわりにFM09のキャラクタ設定を練り込んでおくか、、、。

こんなことばかりしているから野球がいっこうに上手くならないのだが、職業野球じゃないので別にそれでいいのだ!むしろこんなことをしている方が、やってないときより結果的に野球を楽しんでいる気がするのだ。なのでこれでいいのだなのだ。
なのだなのだとバカボンかお前は!

で、本題。
ラインで話題にしたこともあるナシゴレンが手軽に美味しく作れちゃうソースがハウスから出ていたのを見つけたのでご紹介。これであなたもナシゴレナー、ナッシ-。

https://housefoods.jp/products/special/ethnicgarden/product.html

作り方は簡単!
鶏のムネ肉を小指の第一関節の半分くらいに(他に言い方あるだろ、おいっ笑)切断して、オリーブオイルで数分炒めます。そこにピーマンでもいいのですが出来れば肉厚でカラフルな沖縄ピーマンか国産のパプリカ、なければしかたないので韓国産のパプリカを小指の第一関節を6等分した位の(まだ言うかっ笑)大きさに刻んで、先程の鶏肉と合わせて炒めます。沖縄ピーマンを摘まみ食い、炒まり具合が良さげであれば、先程紹介したハウスナシゴレンのもとを投入。そこに刻んだカメムシ、違った、パクチーをお好きな分量投入して爽やかな香草の香りをプラスします。そして少し炒めます。
全体が馴染んだらご飯茶碗2杯分かもう少し多めのご飯を投入して全体に混ぜ合わせ、それを味噌汁椀に詰め込んで平皿の上で返してナシゴレン飯の山を作ります。

最後に黄身をトロトロの状態な仕上げた目玉焼きをナシゴレン飯の山の上に被せ置きます。

サラダを盛り合わせ、スーパードライ、アルコールに弱い人はドライゼロを添えれば、美味しい美味しいナシゴレンランチの完成です!

黄身を崩してご飯と混ぜながら食べると少しマイルドになって良い感じになるんです!食べた感じ、現地人的な人に作って貰ったナシゴレンより辛味が若干弱いだけで、あとは割りと遜色のないナシゴレンが作れました!

暇ならお試しあれ!おいしーよ。

食い物の記事なのに写真無し。誰が映え(ばえ)など狙うか!
てかもう完全に野球のブログじゃねーなこれ。
野球の要素は塚ポンに任せます。
FM09はリベロ的、ゲリラ的な記事スタンスで。
もうそれでいいのだ!

野球にもリベロ的なポジションがあればいいのに。
どこにいても自由。野球が9人でなく10人でやるものなら。

そしたらそうですね、どこにいようかな。
一塁手の後ろか、センターのフェンス際か、レフトとセンターの中間点かな。
ボケ無しで唐突に終わり。

それがいいのだ!