今年初めての、というか私上初めてのデンタルカップ観戦応援撮影弾丸ツアーから無事帰って参りました、こんばんわ、ノラブロガーことFM09です。

勘の良い方はタイトルからもうお分かりかと思いますが、この投稿は恐らく過去に書いたあるブログと対を成す形になると最初に宣言しておきます。ブログを書き始めてすぐ、強烈な既視感に見舞われて確認したところ、二日前の体験が二ヶ月前の体験とあらゆる意味で対を成している事にハタと気が付いてしまった野田市。

元祖猿の惑星で自由の女神をみた主人公が「ここは地球だったのか、、、」と全てを察したように、FM09もまだ書きもしない時点で運命じみたモノを感じています。「そうか、あのブログは2部構成の前編に過ぎなかったのか」と。

一応、前編をリンクしておきますのでお暇な方は読んでおいてください。その上で今回のブログを読んでもらうとFM09の発言の真意を理解して貰えるかと。

今年初めての紅白戦じゃない練習試合はなんだかいろいろ面白試合だったでござる、の巻

今、FM09の脳内リフレインしているのはアレですよ、アレ。「後半に続く」とか言うキートン山田のセリフ。
ったく、ちびまる子かっつの!

デンタルカップは開催が成田で遠い上に歯科医師限定の大会なので、松戸運動公園ほど行く事に対して食指が動かない。別に試合に出られないからという事ではない。というか色々な所で吹聴している事ではあるが、FM09は試合に参加する事に対してあまり執着が無い。もちろんマリンカップなど普段体験できない試合は別だけど。

だから近くであれば写真を撮りに行ったり、試合を見に行ったりでとても楽しめるんだけれど成田はねぇ、ちょっと遠い。

そうなんだけど、去年からミラーズの練習に割と参加させてもらっているのでやっぱりちょっとはチームの一員という気持ちもあるわけで。だから1回は行きたいな、とは思っていました。じゃあどこに行こうか、どこだったら行きやすいか、どこならより楽しめそうかとか考えたわけです。で4試合ある松戸ミラーズの参加するデンタルカップの試合の日程とにらめっこしてみました。

3月29日12時15分開始:市浦ジョーズ戦
6月28日12時15分開始:海匝香取ホエールズ戦
7月26日10時00分開始:八千代カリエスバスターズ戦
8月30日12時15分開始:印旛レイカーズ戦

という日程。

うーん、初戦はちょっと早すぎる(何が?)のでパス。
ホエールズ戦は中々良さげ。
カリエスバスターズ戦は10時?起きられないかも(子供かw)
最終戦は夏休みも終わりの時期だから宿題が終わってないかも(お前に夏休みの宿題はない
はずだが?)

という事でホエールズ戦かカリエスバスターズ戦ににまず絞った。

条件が良いのはホエールズ戦だが、カリエスバスターズ戦では八千代に移籍した加藤先生も見られるという1粒で2度美味しい試合。

っつー事で朝早く起きるのが面倒くさかったけど、良く良く考えてみれば松戸での練習の方がよっぽど早起きを強要されている。なんだ、全く問題ないじゃないか。という事で初のデンタルカップ観戦写真撮影応援弾丸ツアーは7月26日の「八千代カリエスバスターズ戦」に決定したのであります。

さて、台風も来るし、そろそろ風呂に入ってくるか。大切な事なのでもう一度。そろそろ風呂に入ってきて汗を流そう。あせもができないうちに。

ふー、さっぱりした。風呂から上がったよ。もう大丈夫。
安心してください!ちゃんと穿いてますから!

で、今回の試合は写真撮ってただけで運動はしていないけれど色々面白かった。
FM09が追及している野球の面白さがちゃんと詰まった試合だった。
試合をすれば勝つチーム、負けるチームが出てくるのでそれのどちらになるのかはやってみてのお楽しみでどちらになったとしてもそれは現実を受け入れるしかないわけだが、勝負事として面白かったかどうかは結果よりもどちらかというと過程の方が比重が重かったりする。
そういう意味で凄く面白い試合だった事は間違いないだろうと思う。

それプラス、FM09のスポーツ鬼十訓である

ハプニングを楽しむ。
出来ない事を不条理にも楽しむ。
奇跡的に攻撃や守備が上手く行くと盛り上がるのでそれを楽しむ。
能動的にイベントを強制発生させてシュールな非日常空間を楽しむ。
何かをシェアして楽しむ。
いちおう勝利を目指して頑張ることを楽しむ。
人の巧いプレイを見て興奮する、応援する、喜ぶ。
怪我がち、怪我している事、体にガタが来ている事を病院のジジィよろしく自慢するように楽しむ。
よさげなスポーツ用品、スポーツウェアを試して楽しむ。
酒はあまり飲めないから嗜む程度にイベント後に飲めるといいが車なのでなんだかめんどくさい。

もきちんと踏襲していた。そんな試合、楽しめないわけがないじゃないか!

八千代カリエス戦が7月下旬という事で非常に暑くなるだろうという想定の下、FM09は着々と準備を進めることに余念がなかった。世に言う「押しつけフリードリンク事変」である。今年の出来事なのでまだ教科書に載ってはいないが、今思い返せば来年には文科省の審査を通過して歴史の教科書に採用されるかもしれない事変だった。


フリードリンクシステムVer1.0事件、別名「ちくわ事変」
フリードリンクシステムVer2.0事件、別名「クーラーボックス事変」

参加していない人にもわかるように説明をさせてもらおうと思う。フリードリンクシステムVer1.0「ちくわ事変」は土曜日に開催された松戸ライオンズの人達との懇親練習試合で、お祭り気分を味わうため、FM09がお茶、スポドリ、コーラ、コーヒー、レモン飲料、こんにゃく畑、そしてちくわをプラスチックケース2箱に満載して提供したものの、教育水準の高い用心深い野生の動物たちをうまく餌付けできなかったという事変であった。

このVer1.0時にFM09は教訓として以下の事を学んだ。

  1. 氷は溶けやすいので水を多く入れてしまうと最後の方は飲料がぬるくなってしまう。
  2. FM09がお祭り気分を味わいたいがために勝手にやっているイベントで、残ったら残ったで後でFM09が飲み干すから別にいいのだが、重いのでできれば飲み切ってもらうと非常に助かる
  3. 大量の飲み物をいっぺんに氷の湖に投げ込んでも満員電車状態になるだけでうまく冷えないし取りにくい
  4. 飲み物を冷えた状態でキープするには保冷ギミックにもう一工夫が必要である
  5. 運動中に炭酸を飲む人があまりいないが、ありでしょ!?少なくともFM09的にはありである

そしてフリードリンクシステムVer2.0「クーラーボックス事変」は土曜日の練習で2度目のフリードリンクシステムを開催。
今回はお茶、スポドリ、コーラに絞ってフィーチャーし、プラスチックケース1箱と保冷バッグを使ってフリードリンクシステムを展開したもののあまり暑い日ではなく、需要がないドリンク達は今回もやはり大量に売れ残ったという事変であった。

このVer2.0時にFM09は教訓として以下の事を学んだ。

  1. 神は助けを求める人をきちんと見ている。
  2. 人が多い時にフリードリンクシステムは展開しよう
  3. 保冷バッグは非常にGOOD!
  4. やはり運動中に炭酸を飲む人があまりいないが、絶対に選択肢として除外しない
  5. 真夏のフリードリンクシステム展開の骨格はできた
  6. ちくわが無いと人は寂しがる

Ver1.0、Ver2.0はあくまでプロトタイプである。よってある程度「事変」になってしまうのは仕方のない事であり、そんな事は当初から織り込み済みである。
八千代カリエスバスターズ戦でのVer3.0こそが本番であり、実践投入のフリードリンクシステムなのである。
Ver3.0でこれら2回の取得データを基にまともなフリードリンクシステムを展開できればそれでいい。

またフリードリンクシステムはお祭り気分を味わうための物であると同時に、暑さ対策でもある。
冷たい水に手を突っ込んで飲料水を取り出すことで体温を下げる効果も期待できるためである。
なんなら氷を手に取って齧ることだってできるし、人の背中に突っ込んでキモを冷やすこともできる。それに足が攣ったり、肉離れを起こしてしまったときの緊急冷却装置としても使えるという1石4鳥の意図が組み込まれたシステムである。

そんな親心がこのフリードリンクシステムには込められていることなどミラーズの面々は知る由もないであろう。

ところがそんなFM09の目論見が脆くも崩れ去ろうとしていた。日中の暑さが常軌を逸したものとなり始めていたのである。フリードリンクシステムだけではミラーズの面々の熱中症を防ぐ防御壁にはなり得ない、そう焦りを感じ始めていたFM09はある秘策を思いついていた。

秘策とは風と水。なんかファンタジーやゲームの魔法の属性みたいですけど。
汗を乾かす風と気化熱で体温を下げる水でナスパの夏を乗り切ろう!って事で手持ちのコンパクトサーキュレーター+ポータブルAC電源で風を起こし、ホースを接続し水圧だけで断続的にウォーターミストを噴射できるミスト発生装置はサプライズで購入しようかなーと思って探してみた。

アマゾンとかで割とよさげなのがあったんだけど・・・。ちょっと問題が。

1.ナスパベンチの水道栓の形状がわからない。
2.そもそも水道水を勝手に垂れ流してもいいのか?
3.購入して残念。ミストでなく雨が降った等の悪評判などもチラチラ見受けられる。

1.2.がちょっと気になったので想定していたウォーターミスト作戦は中止にしました。それでもウォーターミストプラン自体はやっぱり捨てがたいので電動の農薬噴霧器(まーいわゆる大きい電動の霧吹きです)を購入して扇風機との合わせ技の「必殺!ウォーターミストウィンド」でベンチ内を冷やす計画に変更しました。

これの利点は

1.2Lのタンクに水を入れるだけでウォーターミストを噴射できる!
2.氷をタンクに入れれば冷水ウォーターミストの出来上がり!
3.電動なので手が疲れない!
4.なんなら農薬も噴霧できる。

なかなかナイスなプランである。フリードリンクシステムを補完するこのウォーターミストウィンド作戦で熱中症を強力に予防できるだろう。

ちなみに肝心のフリードリンクシステムVer3.0の方であるが、Ver2.0を更に進化させた。
まず保冷バッグが2倍の2個体制になっている。これならスペース的に氷自体を保冷することもできるだろう。そして飲料の方も手軽に飲める500mLのペットボトルの他に、2Lのペットボトルを6本準備し鉄壁の準備を行った。
基本的に第1陣がプラスチックケースの中の氷の湖の中で待機をし、それらが出動するたびに保冷バッグから順次補充されるというスキのなさだ。

さらに氷も途中で大量に購入する予定だし、2Lのペットボトルを口移しで飲んで病原菌やウィルスをチーム内で蔓延させないためにちゃんと100円ショップで蓋付きのプラコップとストローも買ったので安心安全衛生的にフリードリンクシステムを堪能できるはずだ。

ここまで完璧に飲み物の準備をしてしまうのはFM09が毎日飲料水を多飲している事と関連性があるだろう。毎日3Lくらいお茶とか野菜ジュースとか飲んでるからなぁ。多分、体組織の水分含有量が人より5%から10%位は多いと思うよ。飲んだそばから汗で出ていくから新陳代謝が半端ないんです。だから3L。全然不思議なことではない。

今回は純粋に見学と応援とカメラマンと熱中症マネージャーとして行くのでユニフォームは必要ないのだが、せっかく作った松戸ミラーズのレプリカユニフォーム(レプリカか?)60番を着る機会ははっきりいってあまりない。練習試合の時かデンタルカップの時くらい。なので一応着るだけは着て、雰囲気だけ味わうことにした。そこらへんはプロ野球の試合を見に行ってそのチームのユニフォームを着て試合観戦するファンのそれと同じである。

朝が早いので12時には就寝した。

翌朝、冷蔵庫で冷やしておいた飲料品と保冷剤を保冷バッグに詰め込んで出発した。保冷剤が1個1.5kgだったかな。それを7個持ったので保冷剤だけで10kg越えという狂気の重さ。飲料品も2Lのものがまず6個あるのでそれだけで合わせて20kg越え。500mLのものが数十本あるのでそれも合わせて30kg越え。さらにそこに途中で買い出しに行くロックアイスが加わる。いったい飲料関係だけで何キロになるのか?冷静に考えると頭が痛くなってくるので深く考えないことにした。世の中、深く物事を考えたら負けである。

前回は常磐道柏IC→つくばJCT→圏央道大栄JCT→大栄ICというルートで行ったが今回はどうするか悩むところである。というのも外環道が完成したので常磐道柏IC→三郷JCT→高谷JCT→宮野木JCT→大栄JCT→大栄ICというルートも選択肢としてはある。だがそれはやはり松戸に住んでいる人たちのルートで柏在住のFM09としては意地とプライドを賭けて圏央道ルートか土手沿いルートで行くべきだと考えるわけで。

でも土手ルートで行くとトロい車に前方をふさがれてイライラ&遅刻という最悪の展開も考えられるためやはり今回も圏央道ルートで向かうことに。つっても圏央道ルートでも最高時速が制限された対面道路なのであんまりそこらへんは土手ルートと変わらないんだけどさ。信号が無いだけ早いだろうと。ただ運転しながら気が付いたんだけど集合が9時ってことは氷を業務スーパーとか格安の販売店で仕入れることができない。24時間営業のマックスバリュとかがあれば可能だけれど言っちゃ悪いが大栄IC付近はかなりの田舎であることは前回初めて行ったときに学習済みである。おそらくその線も無いであろう。どこかのコンビニで仕入れるしかない。

大体予定通りに大栄JCTを過ぎると大栄PAというパーキングエリアがあった。前回は素通りしたと思われるそこにとりあえず入ってみるとメッチャ大きいセブンイレブンが!!
大栄ICを降りてからコンビニで氷を買おうと思っていたのでタイムロスを覚悟していたのだが、ここで買えるとは何たるラッキーか!このセブンイレブンで氷を大量買いしてナスパスタジアムを目指した。さすがセブンイレブンのネットワーク。あるといいなという所にありますな。

で、ナスパに到着。駐車場を見ると車が結構止まっているので大半の方がすでに到着していることがわかる。大量に荷物があるのでなるべく出入り口に近い所に車を止めて荷物を整理していたところ、またしてもまたしても救いの女神ならぬ男神がっ!

「荷物すごいですね、何か荷物持ちましょうか?何なんですか一体、この荷物は!?」

そこに偶然通りかかったのは希少なサウスポー、松本憲政先生。今回この役割を担ってくれるのはこの人なのか、とFM09の頭の中では世界を何度もループしている良くラノベでありがちな展開をチラリと妄想してしまった。もはや気分はオールユーニードイズキルのキリヤ・ケイジもしくはウィリアム・ケイジ少佐って所ですよ。もしくはマトリックスでの設計者(アーキテクト)が言う所の「今のマトリックスは6番目の世界」的な。世界は本当にループしているのではないか。もしかしてFM09、死んでループしてる?的な。
んなわけないからー。
あまりにもタイミング的に3人が絶妙なタイミングで現れるので脳内でそんな妄想すらしてしまいました。

フリードリンクシステムを今回を含めて3回展開したわけだが、その度に30kg、40kg近い飲料水を運ぶにあたって車を降りて搬送の準備している時に、まるでいまここでFM09のおバカ企画のお手伝いしてくれる為に今まで生きていたのではないかと思われるタイミングで救いの手を差し伸べてくれる人が現れてくれるんです。

フリードリンクシステムVer1.0オリジンの時は小泉JR先生。
フリードリンクシステムVer2.0セカンドの時は島ちゃん。
そしてフリードリンクシステムVer3.0サードインパクトの時はケンセーセンセー。

FM09の人徳なのか、運がいいのか、それとも神様の仕込みなのかしらんが、とにかくタイミング良くお助け人が現れます。本当に助かります。まぁ立場が変わってFM09がそんな人を見かけた時に「なんか重そうだな、めんどくさいから無視して逃げるか」とはならない。「なんか重そうだな、しょうがない手伝ってやるか」とおそらくなるので、まあ偶然その場に遭遇してしまった人の罰ゲーム的なイベントなのでしょう。いや、感謝はちゃんとしてますからね。本当にありがとうございます。

ふー。やっとナスパスタジアムに着いたよ。ここからが本番なのに序章の段階でこの無駄に長い文章は。これはきっと後半飽きて粗筋箇条書きになるぞ、きっと・・・・。

で、手伝ってもらってもやっぱり2回往復しないと荷物運べなくてヒーヒー言いながら3塁側ベンチへ行くともう皆アップしていた。9時集合で到着が9時5分。荷物を運んで9時15分ではまあこうなるわな。ていうか遠くで開催された試合に行ったとき、遅刻しなかった事がない。時間にルーズと言われても反論する言葉もない。

ベンチに着いてすぐにフリードリンクシステムVer3.0を展開しようと思ったんだけど、違うことで注目を集めてしまって中断された。体が縦にも横にも大きい人がFM09の新装備「空調服」に興味を示して寄ってきたからだ。

「社長~、何これぇ。なんかファン回ってるぅ~」

正直、この空調服なるものはファンの音はするわ、見た目マッチョメーンになってしまうわで目立つことこの上ないのは承知している。初見で人見知りしない人は必ずFM09の近くに寄ってくる代物だ。体が縦にも横にも大きい人が寄ってきたとき、しまった!と思った。下らないことでタイムロスを強いられる可能性が高まったからだ。このままではフリードリンクシステムVer3.0の展開に支障が出る。それに試合には参加しないとはいえ早くミラーズの60番ユニフォームに着替えてアップだけでも少しは参加したいと思っていたのだ。

そこでFM09は考え方を変えた。どうせ着替えなくてはならないのだ。パンダに笹を与えて夢中にさせるように、コアラにユーカリを与えて骨抜きにするように、猫にマタタビを与えてメロメロにするように、この目の前の体が縦にも横にも大きい人が興味を示している空調服を試しに与えてみるというのはどうだろう?興味津々となり案外タイムロスせずに着替えができるのではないか。

「あ、キャップ、気が付きました?流石お目が高い!これ空調服。冷え冷えですよ。どうです、ちょっと試してみます?」

こんなこともあろうかとサイズは3Lと体のデカいキャップレベルの人が興味を持った時でもちゃんと試着できるサイズを選んでいる。FM09的にもこのくらいの大きさの方が着衣した上に着た時にきちんと空気が周る隙間が確保されて涼しいのだ。怪しい営業のようなトークに引っ掛かり、キャップが空調服を試着し始めた。

「あっ、これイイー。すげー涼しいわ」

予想どおりなのかそれ以上なのかよくわからないが、キャップは空調服の冷却効果にご満悦の模様。それはそうだろう、そもそもその空調服が涼しい原理は汗を気化させることによる気化熱で体温を下げるというものでアップなどで運動して汗をかいている人もしくは普段から汗をだらだらかいている人向けの商品なのだから。キャップが今どっちの状態なのかはFM09的にはどうでも良く、とにかくFM09はバッテリーや風量の使い方などをテキトーにレクチャーしつつ、基本あとは時間もないので放置した。

計画通りキャップが空調服で遊んでいる間にFM09はフリードリンクシステムVer3.0を準備しつつ、松戸ミラーズのユニフォームに着替えることができた。これでどこからどうみても松戸ミラーズのベンチ控え選手が一人増えたように見えるだろう。八千代カリエスバスターズに対してハッタリというかプレッシャーというか「なんだ松戸ミラーズさん、人数ギリギリの限界集落的チームかと思ったら控えというかバックアッパーもいるのね、なかなかどうして」と思わせることができるだろう。年は40中盤とフレッシュさに欠け、タッパも無いが、無駄に肉厚ではあるので一応存在が無視されることもあるまい。賑やかしの置物としては悪くはないはずだ。

フリードリンクシステムVer3.0サードインパクトを展開するときに、ミストシャワー設置に関する懸念事項であった水道蛇口の形を見たら通常のものとは異なり平べったい形をしていた。助かった。もし水道栓直結のミストシャワー機器を持ってきていたら徒労に終わるところだった。やはりFM09、持ってます(何を?)

購入した氷を半分保冷バッグに保存して半分プラケースにぶちまけて少々の水を加える。そこにペットボトルを放り込む。何度も思うけどこの水道って便利だよな。頭から水を被るにせよ、水を撒くにせよ、プラケースに水を張るにせよ。

流石に3度目となると今日もフリードリンクを展開しまーす!と説明すると鈍感なミラーズナインといえども反応が違ってきているのがミラーズナインと同等かそれ以上に鈍感なFM09にも伝わってくる。最初の頃とは大分感触が違う気がする。


社長、ありがとうー。飲ませてもらうね。
スペースあったらこの麺保冷してもらっていい?
え?コーラ?炭酸?冗談でしょw運動中は普通飲まないよね?
今日はちくわ無いの?
すげー量
え、ナニコレ、ドライゼロまであるじゃん、ひゅー♪
俺の飲み物も冷やしてもらっていい?
直ぐに冷たいのが飲めるフリードリンクってシステムも中々楽しくていいよね!
これ貰ってイイ?
水ひえひえだー。

こんな感じ。

フリードリンクVer1.0オリジンの時は野生の動物を餌付けするような感覚だったが、今回はもはや人間に慣れすぎた鳩がエサを持ってる人間に速攻で近づいてきている感覚だ。ミラーズのナインがクルックーって言ってる鳩に見えてきた。まるで餌撒きオジサンになった気分。感慨無量である。

で、少しだけキャップとキャッチボールしてアップに参加する。今日は本当にこれで野球的所作はおしまい。今日は野球をしにここナスパスタジアムに来たわけではないのでこれでいいのだ。今日は応援と見学とカメラマンと熱中症予防マネージメントをしに成田くんだりまできているのだ。早速キャップに設置ビデオカメラ起動の依頼を頂いた。うんうん、これでこそ来た甲斐があるというものだ。どんどん頼んでくれ!どんどんドリンク飲んでくれ!どんどん熱中症になりかかってくれ(これはおかしいだろ)

さて、そうこうしているうちに試合開始の時間が迫ってきたころベンチでまったりしていると、ツカポンが戻ってきて何やら苦笑していた。

ツカポン「よく見てるねぇ、松戸の謎の60番の先生、誰ですかって言われたよ。登録してないですよねって(苦笑)。だからちゃんと説明してきたよ。歯科医師でもないのにチームの練習に参加してくれて、その上公式には使えもしないユニフォームを酔狂で作ってくれちゃうとか、ちょっとイっちゃってる人なんですよって。うちにはそんな人が3人もいてホント有難いやらウザったいやらって」

褒められているのかけなされているのか良くわからない物言い。どうやら主審だか相手だかが松戸ミラーズのユニフォームを着た背番号60のFM09を本日試合に参加する歯科医師の先生と間違えてた様子。そりゃそうだ、松戸ミラーズのユニフォームを着てベンチにいてしかも一緒にアップをしようものならそりゃ間違えもしますわな。謎の60番っていうのが面白いですな。確かに謎。

面白いので謎は謎のまま
「あの60番は最近松戸で開業した謝☆張という奴でな。登録の関係上今日の試合にはでられないが奴が出ていたらお前らなど指先一つでダウンさ、、、、あのマッチョな上半身を見れば大体想像がつくだろうが(空調服着てベイマックスもしくはマシュマロマン化してるからね、、、)その投球は人智を超え(あさっての方向に投げますからね、、、)、その打撃は神のみぞ知る(打ってみなけりゃわからないのでまあそうですね)、、、今日が対戦日とはお前ら悪運が強すぎるぜ、長生きするよまったく」

とかなんとか言って謎の歯科医師60番という扱いを継続でも良かったんですがね、面白いから。まあ向こうには加藤先生がいるから長くは保たないでしょうけど、そんな偽証。

さて今日のスタメンですが、こんな感じになったようですね。


1番レフト大塚
2番セカンド直井
3番ピッチャー藤原
4番DH三国
5番ショート渡辺官
6番サード小泉
7番ライト湯浅
8番キャッチャーツカポン
9番ファーストキャップ
10番センター松本

FM09は野球に関して経験も知識もセオリーも無いのでこの順番の意味は全くわかりません。とにかく点が取れれば良いかと。

試合に関しての記載をする前に、キャップの動画を今一度見させてもらって復習してから書こうと思います。今回はちゃんと試合に関しても書こうかと。なにぶん2週間前の試合の事なんでもう凄かったこと、面白かったこと以外、大分忘れてきちゃってますんで。

今覚えている事って

1.ケンセーセンセーのランニングホームラン
2.キャップの大リーグボール1号
3.八千代で誰かが足をつった(肉離れかと思ったよあの時は)
4.加藤先生のスクイズ
5.キャップの藤原先生と三国先生の異なる指示へのオタオタ対応

ぐらいだから。試合の事は大分忘れかけてる。大塚先生かケンセーセンセーのナイスキャッチがあった気がするんだけど動画で確認しないと何とも。

さて、確認したから試合概要をば。

まず試合だけどミラーズの後攻。だから最初に守備だった。


1回表守備。
簡単に3人でスリーアウト。なんだかとっても順調な滑り出しですね。0-0。


1回裏攻撃。
大塚ピッチャーゴロ、直井とショートゴロで倒れ、藤原ライト前2塁打!ナイスラン!。だが続く三国ピッチャーゴロで得点ならず!残念!0-0のまま。


2回表守備。
相手4番に左中間を破られる3塁打を打たれて、その後レフトフライエラーの間に相手に得点を許し1-0と先制を許すが、その後をきっちりしめて最少失点で食い止める。よしっ!1-0。1点ビハインドとなる。


2回裏攻撃。
官、小泉JRとサードゴロが続き、湯浅先生がライト前ヒット!やったー、と思ったらそのあと盗塁失敗で3アウト。この回も得点ならず!残念!1-0。1点ビハインドのまま。


3回表守備。
ピッチャー藤原が三振、ファーストゴロ、サードゴロと3人でピシャリとしめて3アウト。よしっ。まだまだこれからだっ!1-0。1点ビハインドのまま。


3回裏攻撃。
ツカポンレフト前ヒット。その後、盗塁2連続で3塁打同等の働き!なんだけどその後のキャップ、ケンセー、大塚が倒れてツカポン残念ながら骨折り損のくたびれもうけ。この回も得点ならず!くそっ。あと一押しが足りない。1-0。1点ビハインドのまま。


4回表守備。
ピッチャー藤原、今日初めてのデッドボール。その後盗塁されて2塁へ。レフトフライがエラーで3塁打となり失点。2-0。その後はフライトゴロで仕留めるもファーストゴロ崩れの間にさらに1点を献上して3-0に。基本は抑えているのだが、アンラッキーが続いて失点が続く。まだまだこれから!3-0。3点ビハインドとなる。


4回裏攻撃。
直井、藤原、三国と全員ゴロであっさり3アウト。相手投手にテンポを持たせてしまうかもしれない嫌な流れだ。3-0のまま。3点ビハインドのまま。


5回表守備。
先頭打者をサードゴロでしとめるも、ここでもやはりアンラッキーが続きエラーとデッドボールで満塁に。ファーストゴロの間に失点し4-0となる。やはり基本は抑えているのだが守備の精度がいまいちなので失点が発生する。ていうか松戸ミラーズの守備に精度を求めても仕方ない、というかエラーは誰がやってもするものなのでしょうがない。ウチはノーエラーという本格的な高校野球のようなそんな本格的な野球はもともとできない。非常に紙一重な展開でジリジリと失点していくまずい展開に。なんとかしなければ・・・。4-0。ヤバい、4点ビハインドになっちゃった・・・。


5回裏攻撃。
官、小泉JR、湯浅とまたしても全員ゴロであっさり3アウト。うーん・・・。淡白すぎる攻撃にピッチャー藤原を休ませることすらできなかった。4-0のまま。4点ビハインドのまま。


6回表守備。
という事でここでピッチャー交代。ピッチャー三国、セカンド藤原。直井先生はここで三国先生にかわってDHに。よく走りました。足首お大事に。
ライト前ヒットの3塁打があったもののほかは手堅く仕留めて無失点。4-0をキープ。さすが場数を踏んでいる投球といったところ。4点ビハインドのまま。


6回裏攻撃。
ここらへんでそろそろ得点を取らないと本当にヤバい。完封目前である。とカメラマンをしながら心配していたところ、ついにやってきましたビッグイニング!

先頭打者ツカポンが三振と幸先は悪かったものの、その後の打撃がまさに打線となって続く続く!
キャップレフト前ヒットの2塁打(走る走る俺達~って感じ)。そしたら飛び出しました、ケンセーセンセーランニングホームラン!(速い速いケンセーって感じ)4-2となる。さあ追い上げだー!。大塚センター前ヒット、直井セカンド後ろのナイスヒット、藤原デッドボールで4-3、三国レフト前ヒットともう止まらない止まらない!官先生三振!あ、止まっちゃったwでもその後も小泉JRがセカンドエラーでヒット、その間にホームを踏んで4-4の同点に!やったー!
その後湯浅サードゴロでこの回一挙4得点で4-4の同点に追いつく!やったー!振り出しに戻したぞ!


7回表守備。
先頭打者を三振で抑えたものの、次の打者にライト前ヒット3塁打を許しピンチに。ここで加藤先生
という役者が揃ってやられました・・・・。スクイズ!加藤先生はアウトにしたもののホームを奪われ5-4に。
その後は何とか抑えたものの、同点に追いついたのもつかの間、1点勝ち越しを許してしまう。うーん、最少失点だがこの1点は非常に重い・・・・。スクイズの有効性を痛感させられた感じ。5-4。1点ビハインド・・・。


7回裏攻撃。
ここで同点、逆転しないともう後がない。
頼むツカポン!だがサードフライ。
頼むキャップ!だが大リーグボール1号。ここでギャグはいらないっつーに。
頼むケンセー!センター前ヒット!今日は大当たりですねケンセーセンセー。超頼りになる!
繋げ大塚!よしセンター前ポテンヒット!と思いきや相手のスーパーファインプレーで捕球されて3アウト!

あと一歩及ばず5-4でゲームセット。
非常に惜しかった!

試合後にドライゼロも割りと出た。エンジョイしてるって感じ。一本だけスーパードライを混ぜておいて誰か一人を帰れなくするって罰ゲームもありか(いや、絶対無いw)

実はフリードリンクシステムVER4.0の構想も準備もしているが、まぁそれはマリンか来年ですなー。
割りと面白いと思うんだけどね。VER4.0。前からしたかった事だし。ふふふ。

という事で今回の試合のまとめ。

  • バッティングはチャンスに線になったので非常に良いのではないでしょうか(なんで上から目線?)
  • 守備は想定内ではあるけれどもしエラーが無かったら割と楽に勝っている試合がもしかして多くない?(だからどこから目線?何様?)
  • MVPはやっぱりランニングホームランとセンター前ヒットとナイス守備があったケンセーセンセーでしょう!
  • 加藤先生のあのスクイズに、1点の重みを感じました。バント練習しようかな。新たな面白みが発見できるかも。
  • 前半は曇り空で熱中症対策必要なかったかなと思ったけど、後半晴れてきてフリードリンクシステムも多少は機能したようで良かった良かった。

ウノゼロより取られたら取り返すという打撃戦が好きなFM09も6回の同点劇には大興奮でした。面白い試合だったー。見に行って、応援しに行って良かったー。

次の試合は8月30日の印旛レイカーズ戦。
楽しんできてくださいね!

ところで野球とは別にチーム名を考察したいのですが。

市浦ジョーズ
海匝香取ホエールズ
八千代カリエスバスターズ
印旛レイカーズ
松戸ミラーズ

ですよね。

それぞれなんでこんな名前なのでしょうか?
なんでったってそりゃ勝手に付けたからなのでしょうが、FM09なりに考えてみました。そしてもっといい名前があれば付けたいと思います。

市浦って市川浦安エリアってことですよね。まあ普通に考えて湾岸エリアだから海洋生物→強そう→シャチか鮫→上手くなりたいという親父ギャグ→ジョーズ(上手)てな所でしょうね。異存はありません。中々良いと思います。
ですがやっぱり浦安のオリエンタルなランドを尊重して市浦ネズミーランズに改名してほしい。

海匝香取ホエールズというのもおそらく香取市、匝瑳市エリアってことですよね。九十九里エリアだから海洋生物→両エリア面積は広い→大きい事はいいことだ→海洋生物で大きいものは?→クジラ→太平洋→大洋ホエールズ→やっぱりホエールズしかないよね、てな所でしょうね。異存はありません。中々良いと思います。
ですがやっぱり海藻かなり増えーるずにしてほしいところではありますが地域名を変えるわけにもいかないですよね・・・。
じゃあ海匝香取センコーズで。先生がいっぱいいるし、自然が豊かだから蚊がいっぱいいそうなので。

八千代カリエスバスターズというのは八千代エリアですよね。東京のベッドタウンなので地域色が薄いエリアだからどうしようかね?→まあ歯に関係する何かで→やっぱり歯医者はカリエス治療→じゃあもうカリエスでいいじゃん→満場一致→じゃカリエスね、てな所でしょうね。異存はありますがそのやる気のないテキトー加減がFM09好みです。中々良いと思います。
ですがやっぱり地域色を出してほしい!と思って調べたんだけど・・・これと言って特色が・・・ない。なるほど命名の時に苦労したのだろうと推測できました。
最近だと八千代緑が丘駅が便利ですよね。京成バラ園は昔から有名か・・・・。
緑ヶ丘なので八千代グリーンヒルズか、バラが一杯だから八千代バラバラーズってところか。八千代グリーンヒルズはどっかの意識高い系アパートが付けそうな名前ですね。んじゃ八千代バラバラーズで!バラ繋がりで八千代オスカルズでもいいよっ!
って思ったらバラってローズじゃん。そのまんまでいーじゃん。八千代ローズィーズですね。

印旛レイカーズというのはかなりベタだから容易に推測できます。印旛沼エリアってことですよね。なにをおいても印旛沼→俺達には沼しかない→沼にいる生き物?→ブラックバス、ブルーギル、アメリカザリガニ、カミツキガメ、ジャンボタニシ、アリゲーターガー、アメンボ、→印旛ジャンボタニシズ?→なんかパッとしねーな→もう面倒くさいから印旛ヌマーズにしようぜ→駄目だよそれじゃあまりに安直すぎるしヌマーズって日本語じゃんw→わーったよ、じゃあ印旛レイクスでいいか?→うーんもう少しひねらね?→面倒くせぇ野郎だな→じゃあヒッチハイカーみたいなノリでレイカー、レイカーズでいいか?→いいねぇ→じゃ、俺達印旛レイカーズでいいな→接頭語は地域名だけだって規約に書いてあるよ→面倒くせぇなデンタルカップ製作委員会めっ(そんなんあるのか?)→じゃあ印旛レイカーズで、てな所でしょうね。異存はありません。中々良いと思います。
ですがやっぱり少し安直かと。そうですねぇ、どうしようかなぁ。最近はやりのアレを使って命名するか!成田空港も近いしね。
印旛インバウンズで・・・。韻を踏んでいてオシャレだし、バウンドするからエンタイトルツーベースも狙えるよ!

問題は松戸ミラーズだよな。
松戸エリアってことですよね。なんでミラーズなんだろ?誰か知ってるはずだけどそういえばまだ聞いたことなかった。
誰かミラーボール的な場所がとっても好きな先生がいてミラーズって命名になったのかな?
松戸ミイラズ、松戸マミーズでもいいんだけどね。三国先生が5年前に再構築したって聞いてるからイニシャルのMをどうしても使いたかったのかなぁ。
それなら松戸マッドデンティスツでもいいよね。松戸マリーンズでもいいし。松戸モーリシャスでもいいし。松戸マリモーズでもいいし。
松戸といえばラーメン、マツモトキヨシ、佐渡ヶ嶽部屋だからさ。

松戸ラーメンズ松戸スグヤルカーズ松戸サドガタケベヤーズでいいんじゃないのかな。うん。

松戸キャップスでもいいよ。

あ、でも守備に不安があるから松戸マモローズってのもいいね。スワローズ的な?

てことで来季から

市浦ネズミーランズ
海匝香取センコーズ
八千代ローズィーズ
印旛インバウンズ
松戸マモローズ

という名称に変更する事が決まりました(なんの権限で?)。

なんか松戸だけファミスタみたいな名前だね!