甲子園ももうすぐベスト8が出そろいますね、FM09です。

お客さんの息子さんが習志野高校の野球部に所属していたらしく、レギュラーではなかったらしいが2011年に甲子園に行ったって聞いてた。ふーん、意外と身近にそういう人がいるのね、と思っていた。そして更に凄い人が身近にいるのを知ってはいたが、詳しく聞くのも野暮なので当時の事について聞いたことはなかった。んでも今年は真面目に甲子園を見てて、こんな舞台に出た人がその当時どんな感じだったのかという事に多少興味が出てきたので、ググったり等してみた。さすがに甲子園関係となると過去の履歴が残っていますね。

そしたらw

その凄さに鈍感だった。

それと確認できるものを2個見つけたので何か嬉しくて紹介。

これは千葉大会の予選ですね。習志野VS八千代松陰の試合、なんとこの試合で当人9回裏2アウトからサヨナラ2点打を打ってます。なんですかこれ!超ヒーローじゃないですか!

そして甲子園本選。習志野VS明徳義塾の試合。9回裏2アウトでセンターへの大飛球、これを全力で追って後ろ向きでスーパーキャッチしてます。なんですかこれ!その前のレフトの人の2回続けてのスーパーキャッチも凄いですが。アドレナリン出まくりだろうなぁ。

甲子園、わりと真剣に見てるんだけどどうしても
「あはは、セミが背中についてるってさー」
「バックネット裏のあの子供、寝てるよw 将来大物になるわ」
「毎回帽子を飛ばすピッチャーがいるなぁ、サイズが合う帽子を買うお金がないのだろうか」
とかやっぱり横道にそれてしまいがちなんだけど・・・。

思わずもっと練習、真剣に頑張ろうって思っちゃいましたって話、でした!