もう時間も無いので今回はバナー控えめに、FM09です。

なんだかんだで最終戦なので勝敗は別に楽しんできてくださいねー。
ケンセーセンセー、今度はゆっくり歩けるホームラン狙っちゃいましょう!

ところで最近ゲーム機でのゲームをやっていないのでわからんのですが
ファミスタとパワプロってどっちが主流なんですか?
ていうかもしかしてどっちも主流じゃない!?

FM09はスーパーファミコンではスーパーファミスタ、64では3Dスティックでパワプロを楽しんでいたのですがその後は野球ゲームを買ったことは無いな。

今だとすんごいVRプロ野球ゲームとか作れそうな気がするんだけど、そこらへんどうなんでしょうか?

コストや売り上げ考えなくていいならアイデアはいっぱいあるんだけどな。

「野球人生シミュレーションゲーム」
まず生まれる所でパパとママをランダム選択。運よくスポーツ系のパパとママを選ぶと天賦の才のパラメーターをゲットできる。リトルリーグに入団。ポジションを決めて練習と試合でパラメーターを磨く。中学で軟式野球部に入るかリトルシニアで硬式でやるかを選択。高校入学を地元の公立校にするか傭兵の私立にするかをパパママの収入で選択。高校では甲子園を目指す。そこまででも怪我したり、人間関係でチームを去ったり、実力不足でレギュラーになれなかったりすると即ゲーム終了で輪廻転生(死んで無いのになぜか輪廻転生して、パパとママを選ぶところからやり直し)。ほぼこのパターンで高校編までで終了する恐ろしく厳しいゲーム。

ここを何とかクリアするとプロ野球編か大学野球編か社会人野球編かメジャー編が始まる。そこでも怪我したり、人間関係でチームを去ったり、実力不足でレギュラーになれなかったり、戦力外通告をされると即ゲーム終了。
ドラフト会議で選択されるとプロ野球編が始まる。それ以外なら大学野球編か社会人野球編かメジャー編ね。

で、どの編でも自分の家庭を持ち、息子が生まれたら次は輪廻転生しないでJR編が始まる。自分は野球引退後はゲーム上はすぐに死んで息子の野球人生ゲームに代替わりする。
面白いかどうかは別として、最近のゲーム機の高性能計算能力をこのくらいのシミュレーション計算に使ってほしいって所。

プロ野球選手を10年間シミュレーションできたらゲームクリアです。

「プロ野球選手を体験しようVR」
まず自分の好きなプロ野球球団を選びます。そこでの生活をVRで楽しむゲームです。
ドラフトで引っかかる所から独身寮入団、2軍での試合、1軍での試合、主力選手での生活、メジャー移籍、NPB復帰、トレード、戦力外、ロートル選手での生活などをVRでまるで現実の様に味わいます。
野球体験だけでなく、夜の飲み屋での豪遊や野球賭博の誘い、オクスリの誘惑などがちょくちょく入ってきます。それをどう回避してプロ野球選手として正しく生活するかのVRゲームです。
憧れの球団のユニフォームをVRで着て試合に出られるだけでもう満足でしょ?
それにプロの実際の施設をVRで体験できるので、それだけでも貴重かも!

「有名処の私立高校野球部に入部して甲子園優勝を目指そうVR」
まず自分の好きな私立高校を選びます。そこでの生活をVRで苦しむゲームです(えっ!?)。
最初に中学生活での自宅に私立高校スカウトマンがやってきて褒めちぎられます。気分を良くしたあなたは有名私立高校野球部に入部して苦しんでいきます(楽しむんじゃないのかよっw。楽しみと苦しみは表裏一体です。だから高校野球選手は負けると入り混じった気持ちで涙するのです(絶対違います))
まあ、まずは好きなポジションを選ぶのですが、その後は周りの凄い野球がうまいライバル達にどうポジション争いで勝っていくかの葛藤に入ります。
周りはうまい人たちばかりで9/140位の確立を生き残らなければなりません。
毎日練習漬けだったり、食べたいものを我慢したり、人間関係を良好に保ったり、時には同ポジションの選手の挑発を受けてポジション争いゲームが入ります。
そんな毎日で精神を磨り減らしつつも、憧れの高校での野球VR生活を楽しく、苦しく過ごすことになります。
大阪桐蔭など反則級の高校に入学した場合は、かなり熾烈なレギュラー争いに巻き込まれますが高確率で甲子園に行けるのでそこらへん、学校の選択は難しい所。
課金すると高校生活の恋愛シミュレーション的要素も入ってきますが、これは野球シミュレーションVRゲームの方にも影響してきます。
私生活に溺れるとレギュラー争いから振り落とされますが、私生活が充実するとステータスが充実してきて球速や打球の飛距離、ミート率などが向上したりするので、レギュラー争いに好影響だったりもします。
そこらへんのさじ加減が非常に難しいですが、それはリアルの生活でも同じであり、よりリアルな高校生活を楽しみたい方は課金してみると。
私立の野球施設などを忠実に再現しているので、疑似高校生活の方が楽しくて現実の生活が廃人になっちゃったりしてね!

作り込みや販売本数にもよりますが、リアルに作りこむとしたらこんなゲーム、VR設備と合わせて200万円はくだらなさそう。

そりゃ誰も作らんわ、そんなもん!