今日の練習は簡単に言うと、守備連とバッチ連でした、FM09です。

8月最後になるからちゃんと目覚ましかけて行った。大きな音でスヌーズをかけてちゃんと起きられた。良かった。遅刻したら先週が8月の野球納めになってしまうから。

高校野球を見て、感化されて、なんか自分にも出来そうな気がしたので練習したかったのだ。その予感が現実になるかもしれないとの淡い期待を抱いて。

出来なかった!

まあ見たイメージだけで出来たら苦労はない。別に落胆はしない。いつも通りの平常運転。

このループから抜け出せない。

0.プレーを見る。わかった!
1.根拠もなくなんか出来そう!
2.やってみたい!
3.やってみた!
4.できないorz
5.とりあえずどこに飛ぶかは別として当てることは出来るバッティングで悪くはないよな、と傷心を癒やす
6.やっぱ野球楽しい!
7.次の練習を待つ

今日の練習はファーストとライトとセンター少しとショートほんの少しとバッティング。

ファーストでキャップの苦労を味わい、ライトで楽をし、センターで空を見上げ、ショートで一球も球が飛んでこず、いつも通りのサードとレフトとほんの少しショートにしか飛んでいかないシフトの組みやすーいバッティングを楽しんだ。

特筆することは特にない。強いて書くとするならば、バッティングの時、村山さんの助言を少しずつでも取り入れようと若干、ほんと若干だけど構えるようにしたことと、頭の中で根尾のテーマをエンドレスで鳴らしていた。あとバッティンググローブを頑張って着けていくことにした。

今日はマイバットがケンセーセンセーに貸し出し中のため、他のバットを使ったがあまり違和感はなかった。それより根尾のテーマを頭の中でエンドレスで流すことが出来たのが収穫だ。

たまにバッティングセンターに行くとき、FM09はipodtouchで曲を聴きながらバッティングをする。不思議なのだがその方がリズム感が刺激されて打率が上がる、気がする。

なので根尾のテーマをmachinelessで流せたことの意味は大きい。

打率向上が期待できるしなによりバッティングしてて楽しい。あがる。

根尾のテーマはループさせやすいし、抑揚が滑らかで脳内再生させやすい。そして藤原のテーマのような重厚感がないので気軽にバッターボックスに立てる。良い遊び道具を見つけた感じだ。

本当はバッターボックスでリズムを取りたいので、123とかアンドゥトロワとかモッハイバとかいーあるさんとかウノドストレスとかチャーシュー麺とかワンタン麺とか言いたいんだけど、流石に恥ずいし。

バッティングの方はやはりイメージより下を叩いてるようでみんな上に上がってしまう。

ギガキングドーピングをしてもまだホームランを打てるパワーも技術も足りない事が判明してるから、今狙っているのは相手の守備を破壊するバッティング。

具体的にはサードとショートの脇を一瞬で抜けていく低弾道ライナー、もしくはサード、ショートがキャッチしても弾いてしまうか、手を痺れさせたり出来れば腕を吹っ飛ばすくらいの重戦車ミサイル砲撃を目指しています!ダメージを与える打撃。キャプツバかっつーのw

「ああー、森崎くん、吹っ飛ばされた~」の世界ですよ。

これなら遠くまで飛ばす縛りはないし、フライでアウトになる確率も減る。とにかく体重をボールに乗せてソレイケって感じでボールにウェイトを乗せて出来るかぎりの高速スイングて高速弾道になるようにするだけ。自分が内野をやるとしたら低弾道高速ライナーが一番嫌だし。道徳と違い、自分がやられたら一番嫌なことを相手にするのが勝負事のスポーツですからね。

でも何度も言うがやはりイメージとは裏腹に上に上がってしまう。バットの進入角が5度くらい違うのだろう。この軌道で大気圏突入したら大気に跳ね返されて地球に戻れなくなる。それは嫌だ。地球には戻りたい。

なので今度はもっと自分のイメージよりさらに上から下に振り下ろす感じでやってみようと思う。

サードとショートを破壊するバッティングを目指します。バッティングの副産物的な攻撃なら不可抗力ですしね。

技名はやはりこれかな
「ビッグバンインパクト」
念能力を向上させて威力を上げれば森崎くんみたいに吹っ飛ばすことも不可能じゃない!

最終的にはもちろんホームランを目指しますが。今できる範囲で考えたらこの方がメリット多そう。