寝る前にもう1記事、FM09です。

今日は納涼会に初めて参加するんだけれど、ノートPC持って行ってマリンスタジアムからブチブチ更新しても面白いな、ブログを。
撮った写真を片っ端からリアルタイムで垂れ流し。リアルタイム中継とかまでは別に興味なし。

高校時代にバドミントンをやっていたので最近の日本バドミントンの成績優秀っぷりに驚くばかり。お金を稼げるスポーツじゃないから野球やサッカーと比べて日陰者のスポーツであることに変わりはないがまぁ強くて困ることもないから良いのではないでしょうか。このスポーツはパワーは要りません。勝つには瞬発力と体力と反復運動と粘り強さと性格の悪さが必要ですね。身長もあったほうがいいけど別にジャンピングスマッシュとかをすれば問題ありませんので。シャトルの羽がとにかく散ります。鳩がカラスに襲われたかと思われるほどに。結構高いシャトルがバシバシぶっ壊れていきます。

その時に使っていたラケットがヨネックスのBORON7というボロンという珍しい素材(ホウ素の仲間)が混ざったカーボンシャフトのラケットを使っていました。理由はただ一つ。「強烈なスマッシュが打てる」との売り文句で。本当にそうだったかどうかはわかりませんが。その頃から一貫して攻撃志向か、スポーツは。

時を経て、草野球をやるようになって今手にしているのはミズノのウレタンバット、ギガキング。理由はただ一つ。「一番飛ぶバット」との売り文句で。実際、硬式野球とかをやったことのないFM09みたいな初心者のスイングに合っているようで、なんとなくフィーリングは良いです。当たった時の音や打感は昔はあまり好きではなかったんですけれど、打てば都という言葉通り(そんな言葉は無い)今は大分慣れてきた、というか好きになってきました。
ボスッていうボフボフ音も思いっきり振って割と芯に当たるとドガン!って何かが爆発したような音がなるのであの音は結構好きです。あとこれは使って分かったんだけど、金属バットや木製バットよりも手にかかる衝撃が少ないです。おそらくボールをつぶさない事で遠くに飛ばすバットの特性の副産物として、インパクトの衝撃をウレタン部分が吸収するんでしょうね。イメージ的には衝撃吸収ゲルみたいな感じ?なのかな。思いっきり振っても手が痛くなりにくい気がします。このバットを買って良かったなぁと今ではしみじみ思います。色々迷って伊藤君やキャップを振り回しましたけど、これ買って良かったです。

そう書いておいてなんなんですが、ブログでも書きましたが実は今2ベクトルのバッティングを心がけていまして、ホームラン以外にサードとショートを攻撃する打撃を目指していまして。どうせそちらにしか飛ばないのであれば、思いっきり速くて重い打球をそっちに飛ばしてやろうと。触れもしない打球なら自動的にヒットだし、触れてもこぼしてしまうもしくはグローブが吹っ飛ばされてしまう打球なら1塁まで懸命に走ればセーフになる可能性がありますし。

ギガキングは遠くに飛ばすバット。では初速の速いバットはあるのでしょうか?あるようです。

ローリングスのハイパーマッハS

フィールドフォースのフォースエアー

遠くへ飛ばすギガキングに、鋭く速い打球を放つもう一つのバットがあれば、色々と面白いのではないかと思うので近々検討してみようと思います。
また予告ホームランをしておいてハイパーマッハSを使ったりショート、サード潰しを宣言しておいてギガキングで外野を越す、なんて変則技にも使えます。はったりやマリーシア、嘘予告などの駆け引きはスポーツには必要だと思います。実力の差はアイデアで埋めましょう!

目指せ、サード、ショート潰しのバッティング!