新八柱から新松戸までの間に某しまじろうと身長、体重がほぼ同じ(過去統計による暫定推定値比較)という事が判明しました、FM09です。

しまじろうが168cm、85kg。
FM09が167cm、85kg。(2018年8月27日現在)
遂に6か月ぶり位に体重計に乗りました!といってもチープな奴だけど。85kgでした!予想よりは行ってませんでした!

けどまずいな、去年のマリンカップの頃にまた戻ってる。何にもしないと必ずこの85kgという数値に戻る。

いや、なにもしないというのは語弊があるか。
食に制限を設けず、ランニングをし、野球の練習をしての数値だ。

もし、後ろ二つの運動をしていなかったとすると一体どうなるのだろうか?((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。
89kgが最大膨張記録のFM09は3桁になったことはないので言うほど太ってはいない。

身長的に、167cmの人が標準のBMI22だった場合の体重は61.4kgだそうで、つまり両者共に24kg程、過剰だと言うこと。まあ皆が皆、この標準とか言う通りの数値になったら気持ち悪いので痩せている人もいて、標準の人もいて、太っている人もいて、でいいと思う。だいたい61.4kgなんて数字、高校の時ですら超過してたよ!

問題はその重さが水なのか、脂肪なのか、筋肉なのかということ。

水だと汗をかけます。脂肪だと体型が滑らかになります。筋肉だと運動が捗ります。しまじろうはマリンカップまでには痩せるか筋肉にするそうです。やる気は認めるけど、できんの、そんなこと?まあ愛のパワーで頑張ってください。そうか、マリンカップでは芳川さんみたいな体格か、楽しみですな。

FM09は別にいいです。漢方で痩せることはわかったし、痩せてもなぁ。なんか良いことあるわけじゃないし。

今度キャップの身長と体重を聞いて、BMI22で計算した時の超過分を計算してみようと思う。24kgより超過しているのか否か。もしくはピタリ24kgぐらいの超過なのか。それだったらスゴいね。3兄弟言われる御墨付きを与えたようなものですよ!身長があるから24kgよりは超過してない予想だけど。

今日は久しぶりのマリンスタジアムということで、ベースとなる食糧を毎度のごとく調達した。

ビーフジャーキー、枝豆、うずらの卵、割けるチーズ、スモークチーズ、ナッツ類、やわらかスルメと種類を揃える。エイヒレと生ハムも検討したが、惜しくも落選した。彼らの次回の健闘を弊社としては影ながら応援しています。

マリンスタジアムは大好きだが、残念ながらロッテのファンではない。伊良部、小宮山、初芝、バレンタイン監督ぐらいは知っているが、一部鬼籍入りしていてるほどの古い情報である。オリックスバファローズも中途半端に近鉄がミックスされていて気持ちが悪い。悪意の無いオリックスと楽天には本当に悪口を言うつもりはないのだが、まるで近鉄バファローズ(バッファローズじゃないよ。バドミントンもバトミントンじゃないから!)の遺骨を複数の骨壺に分けてみんなで愛でているような気持ち悪さがある意味、ある。

ごめんね、オリックスだって好きでオリックスバファローズなんて名前になりたかった訳じゃないのに!オリックスブレーブス、オリックスブルーウエーブが限界だよね。近鉄バファローズが迷惑をかけて本当にごめんなさい。近鉄バファローズを代表してFM09が謝ります(お前は近鉄の主将か何かか?あん?)。

ただ、オリックス側の応援席で旧藤井寺時代の3色帽子を被ってる人がチラホラ居て、近鉄バファローズとオリックスバファローズとの関係性を強く再確認した思いだった。オリックスとはそういうチームだったということを。

し、しまった!

今日、昨年のマリンスタジアムで着用した藤井寺時代の3色帽子とラグランユニフォーム上を持ってきていたら、僕はオリックスアウェー応援席の神になっていたかもしれないのに。ここではデスノートは要らない。リュークも。藤井寺時代の伝説のユニフォームこそが絶対無敵のアイテムなのかもしれないのに!
ガッデム、ダムンユー!!

と思ったがあれは野茂の11番の背番号にFM09の名字が書いてあるそれこそ「伝説の選手を愚弄したユニフォーム」と言えないこともない。
こんなところで関西弁の人達を怒らせてボコられでもしたら、せっかく調達した食料を食べられずに病院行きだ。それは嫌なので変な思い付きをせずに本当に良かったと胸を撫で下ろした。

FM09は、西武ライオンズや大阪桐蔭のように、たとえ点を取られてもそれ以上に点を取って勝つ「打ち勝つチーム」が好きなのでロッテとオリックスはファンチームではない。この認識が間違っているかもしれないが、ファンではない事は事実だ。

ということで今日はスタジアムの楽しい雰囲気を肴に、食べ物を食べに来ているイベントゆえ、食料がないと話が始まらない。

なんと言ってもマリンスタジアムは陸の孤島。一度スタジアムと言う檻に収監された後は容易に外部に食料を調達しには行けない。美味しい食べ物はそこらじゅうに点在しているので、各個発掘していけば良いのだが、さすがにビーフジャーキーとかうずらの卵とかは売ってないじゃん!

常にこれが最後の外部での食料調達になるかもしれないという危機意識の中、成城石井とセブンイレブンを後にした。

のどが乾いたのでビールを飲みつつマリンスタジアムへと向かった。このへんはとても休日感が出ていて、いいね!を自分で自分に押してあげたいのだが、リア充ではないFM09、自分自慢の場と化している昨今のSNSからは距離を置いているのでいいね!をする場所がなかった。つっても仕事柄接触はせざるを得ないので使えるけどしないという感じ。てか良くあんな下らない日常を徒然なるままに書いてる時間があるね!facebookとか。書いてる奴のアホ面が見てみたいよ。そんな時間、FM09には無いよ(ミラーズブログ、、、午前3時に更新が、、、)

さて外野イベント席に着くと、キャップとツカポンが居た。さすがです。とりあえず席について調達してきた今日の食糧を卓上に展開した。

チケットに記載されたテーブルにとりあえず荷物を置く。かさばっているのは食料もそうだが着替えとタオルを持ってきているからだ。ツカポンがLINEで「涼しい格好で来てね♡」と書いてあったので、とりあえず涼しい格好をして来たのだがマリンスタジアムでの観戦をするわけで忘れてはならないものが2つある。

まずは去年めちゃくちゃ久しぶりに野球観戦に来た時に興奮し、思わず買った井口監督(当時はまだ選手)のレプリカユニフォーム。次に空調服だ。「涼しい格好で来てね♡」というツカポンのLINE発言は完全に言外の意味を含んでいると思われた。被害妄想と言われればそれまでだが、物語を勝手に構築しストーリーを自己増殖させて脳内で遊ぶ一人遊び癖があるFM09にはこう聞こえた。「FM09はいつものアレ、必携だよん」

確かに今日は暑くなりそうだから一応持っていくに越したことはないが、着ていく服とは別に「井口ユニ」「空調服」と2着を持っていくとなるとそれだけでかさが増す。空調服はバッテリーもあるから重さも増すから半分罰ゲームみたいなものですね。
更にですが、なんかマリンスタジアムに来る途中にアロハを着ていた人がいて購買欲をそそられた。前から欲しかったけれど買う機会もないので持っていないアロハシャツでも買ってきてみるかと思い立ち、海浜幕張駅の周辺アウトレット?で探してはみたものの感性を刺激する逸品には出会えず退散することになった。多分40分くらい探してたかな。この時間の無駄、嫌いではない。
そもそもこんな無駄時間を費やしてもキャップとツカポンしか前に来ていないという状況は、常にイベントには遅刻するという特性を持つFM09にしてみたら快挙な事だったんですがね。

今日は伊藤君も来るということで、試合開始前に食べ物を漁りに行こうかという話になっていた。だが若くて(周辺相対比)暇さえあれば野球をやっている野球フリークの癖に、なんだかんだ虚弱体質持ちという不慮の不健康顕在化属性を持つ伊藤君がやはりというか不完全体に陥っていた。ここぞというときにやらかすのは特性持ちの特徴で、こちらも常にイベントに遅刻する特性を持っているので呆れはしない。

で、まず最初に買おうと意気込んでいたジャンボカツカレーを買った。前回はこれにアイスを購入して無理やり笑顔にされて(ということにして! 心の底からの笑顔すぎて恥ずかしすぎ・・・orz)写真を撮られたが、今回はそんな営業用スマイルなどしない。食を楽しみに来たのだ。カメラに不細工な笑顔を向けるために着たのではない。食べているときに写真など愚の骨頂。完全無視で行くと心に決めていた。愛想が無いと言われようとそんなことは知らん。自分が楽しめればそれでいいのだ。

とりあえず腹が減っているのでジャンボカツカレーを食す。美味。この庶民的な味でこのボリューム感がたまらない。スプーンの先が先割れになっているのもよくわかっている。カツを突き刺し食す。カレーを目いっぱい掬って食す。幸せだ。モリモリ食す。

完食。

とりあえず喉が渇いたのでレモンサワーで喉を潤す。レモンサワーってこんなに美味かったっけ?

そうこうしているうちにミラーズ由来の面々が出没し始めた。殿とか村やんとか官先生、直井先生、中沢先生と中沢JR、藤原先生と藤原JR、女性同伴のしまじろうとか。

とりあえずマイ食卓に並んでいる食料に関しては自由に食べていいですから!と宣言しつつ、割けるチーズやウズラの卵を配っていく。めんどくさいのでFM09はこういうイベントの時に卓を周りに行ったりはしない。完全に地面に根を生やした樹齢1000年の大木もしくは苔の生えた地蔵だ。守備位置からは決して動かない不動のディフェンダーである。食べ物を買いに行く時だけ俊足のフォワードに変身する。動きたくないときは鈍牛だけど超速いよその時だけは。邪魔する者はすべてぶっちぎって置き去りにします。

マイ食卓の食糧ですが、今回は種類の豊富さより確かな味で選択しています。割けるチーズは雪印メグミルクの定番商品。肉厚ビーフジャーキーはなとりのこれまた定番商品。全農?だかのスモークチーズは普段FM09がアルコールと一緒に食べているド定番安心印の品々で、余っても後日FM09の胃袋に収まれるので安心して大量買い。
その他は海浜幕張駅の成城石井で品質保証されてそうなナッツ類や柔らかスルメのおつまみ等、目利きした。後はセブンイレブンで枝豆とにんにく鶏肉炒めのテトラパックを複数個購入した。

割けるチーズはスモークが人気だったね。年取るとスモークが良くなるのだろうか。かくいうFM09もスモーク派だが。

野球はというと食べ物に気を取られているうちにオリックスバファローズがどうやら先制しているようだった。FM09は一応ライトが本職なのでライトの挙動を見て、ライトとして一皮剥けたかったのだがライト方向を見ようにもそこにあるのは3台のTVカメラ。TV中継スタッフを見て何を学べというのだろうか。撮影技術か。まあ確かに仕事には役に立つだろうが、今日はそういうのは無しにしたい。カメラも一応持ってきてはいるけれど、撮影して回る気は毛頭ない。飾りだ、これは。

センター付近のイベント席だったためライトが見えないのは仕方がない。通路を通れば見に行けないこともないが、そこまでライトに固執しているわけでもない。やるところがないからライトをやっているに過ぎない。DHでない限りはどこかを守らなければならない。消去法で行くと残るのがライトなのだ。ライトがうまいからライトを任されているわけではない。だからすぐそこに居るセンターの挙動を観察するので全然OKなのである。だからセンターの挙動をマンウォッチングすることに決めた。

どっちのチームのセンターかはあまり気にしない。青くてぐちゃぐちゃした模様のユニフォームだった気がするから主に千葉ロッテのセンターを見ていたと思う。今調べたらロッテのセンターは岡広海だって。岡の両親め、狙いやがったな。まあ広い海って名前はどちらかというと自由な感じがして好きだが、岡姓で付けるかそれを。

で、岡の守備挙動を見ていたのだが、なんか緊張感がないというかまったりとしている。ピッチャーがもうそろそろ投げるというのに本当に直前の直前になるまでふらふらと準備動作をしていて臨戦態勢になっていない。あんなんでいいのだろうか。遠くてよく見えないが、なんなら今ハナクソほじくってるって言われても信じてしまうほど緊張感が感じられない。そして後ろ向きで上の方をなんか見上げている時もある。観客が気になるのだろうか。さすがに投げた時はちゃんと準備態勢をとっていたけれど。

FM09も外野でふらふらしている。揺れている。汗をぬぐっている。へそ上の出っ張った腹をさすっている。岡とそれほど挙動に差がないのでこのままでいいんだ、と安心した。

こういうTVでは映さない選手のありのままの姿を見れるのは球場に足を運んだものの特権だ。

攻守交替の時の外野のキャッチボールも見ていて飽きない。投げた球がこうスイーーーーっと伸びていくのだ。気持ちよく。

デンタルカップの時に斎藤さんと村山さんがキャッチボールをしているのも見ていて気持ち良くなる。よく伸びるから(なんか餅みたいな表現だなw)トルコアイスやピザ生地をぐいいいいーーーーっと伸ばしているのを見ると気持ち良くないですか?あんな感じ。それと同等かそれ以上の気持ち良さが今日のスタジアムでの外野同士のキャッチボールにはある。こんな風にキャッチボールができたら本当に気持ちいいだろうな。羨ましい。

日も暮れてカクテルライトに照らされた緑の芝生が美しい。選手紹介の動画と音が迫力があって楽しい。やはり球場で生で観戦するとライブ感があって楽しいですな。

どっちのファンでもないので結果に一喜一憂せずに楽しめるのが自由でいい。これが西武だったら西武が負けてたらちょっと悔しくて、この球場の自由で楽しい開放的な雰囲気を味わい損ねてしまう気がする。中立的な立場で試合観戦自体を楽しめる事のメリットというものもあると思う。

食の方もかなり楽しめた。
アイスは大量買いしてみんなに分けられたし、ドリンクもイチゴ練乳かき氷も思う存分食えたし、タンタンメンは辛くて一口でギブアップしたけど図らずも写真に、鬼ごっこに忙殺されていたツカポンへの絶妙なアシストとなったようでこれも結果オーライだ。
オープン戦の時より食料購入で並ばずに済んだのが良かった。
買ってきた球場外食料も中々好評で、けっこうつまんでもらった。買ってきたかいもあったというものだ。
藤原先生がやたら気に入ったのか柔らかスルメを10回くらいおかわりに来て和んだ。その度にこれうまいよ、社長~っていって摘まんでいくその挙動がなんか毎回同じでそのセリフも律儀でそのループがあと何回続くか内心で楽しませてもらっていました、こちらも。

あと藤原先生は自分の思い描く光景や写真を実現させるのに積極的ですよね。ねばりを感じます。映画やグラビアの撮影監督などに向いているのではないでしょうか。写真を撮るときとかのポーズ指定とかにこだわりを感じます。FM09は極度の恥ずかしがりやで内向的な性格なので、藤原先生の要望にどう応えてあげたらいいのか苦笑しつつ基本スルーするばかりですw

できればホームランを見たかったけどこの日は出なかった。その点は残念。早めに来たから先着20000名がもらえるLEDバッジも貰えたし、幻想的なLEDライトの演出も、花火も見られた。

伊藤君が体調不良&用事で早めに帰るとのことだったので花火後、それに合わせて駅へ。伊藤君はちょうどよい電車が来たらしく伊藤君だけ先に送ってFM09は冷たい飲み物を探してあっちにふらふら、こっちにふらふら。でも駅前は自動販売機がないし、コンビニの飲み物は観戦客に売れたためか、棚にあるのはぬるい飲み物ばかり。

ふらふらすること15分か20分。

もう駅前には冷たい飲み物は残されてはいないんだ・・・と落胆し帰ろうとすると、そこには見知った人たちの姿が!

キャップとか官先生、殿とかと駅前のパフォーマンサーの前で合流を果たした。特に探したわけでも待ち合わせたわけでもないのに。やはりズレが解消しているように思える。収まるところに収まるというか。

これは明後日の試合、前回3タコだった官先生が爆発する未来が見える。
それと中沢先生もせっかく成田まで行ったら試合出たほうが絶対いいですよ。官先生だって前回3タコだったんですから、打線の繋がりとかで遠慮している場合じゃないですよ!お祭りなんだから!できるときに楽しむ、これ基本ですよ!肩の調子が悪いならDHがあるじゃないですか、DH!DHは「Designated Hitter」指名打者という意味ですが、草野球的にはいろんなバリエーションの席じゃないですか?
打撃に集中させたい人、打撃しかできない人、守備を免除させたい人、打撃だけ楽しんでほしい人のための席だと思います。そういえば歯科衛生士「Dental Hygienist」もDHですね。
もしくは指名衛生士「Designated Hygienist」。カリスマ衛生士ってところでしょうか。
もしくは歯科流行らせ人「Dental Hitter」。歯医者で成功した開業医ってところでしょうか。
もしくは太った打者「Debu Hitter」。太ってるのに打つのか、太っているから打つのか。また鶏と卵問題が出た。
もしくはスケベな医者「Doctor H」。ドクターXじゃないよ。胸に手を当てて自問自答して、思い当ったら手を挙げて。そこ!すぐ手を上げない!少し考える!考える必要なくてもフリはする!
ちなみにスケベな事をなんでHというか調べたら変態のHが語源だそうです。大分印象が異なりますね。

チームが勝って欲しいけれど、マイチームが打てないときの方がむしろFM09はウズウズしますね。みんな打ててないこの状況なら打てなくて当然、そこで打ったら俺凄くね?みたいな。だって自分よりトータルで野球が上手い人達が空振りしてるなか、まぐれでも必然でもいいから打ったら爽快じゃありません?振ったら何かが起こる。当たれば何かが起こる。そのチャンスは上手い下手得意不得意かかわらず平等にあるし。投球なんて物理現象なんだから必ず通り道があるし。そこをバットで邪魔する事ができればキャッチャーには届きません。3ストライクまでチャンスはあるから少なくとも1打席中3回はチャンスあるしね。ケンセーセンセーにマイバット預けてあるんで試合に出られるならぜひ使ってください。念を込めてありますんで。

ああ、書いててなんで野球がちょっと好きか分かった気がする。内向的な人にも平等にチャンスがあるからだ。世の中積極的な人が多くのチャンスを手にするじゃないですか。営業でも恋愛でも何でも。内向的、非社交的、非積極的な人はチャンスがあんまりない。まあそこらへんは世の中の摂理がそうなので当然。黙っていて餌を与えられるのは動物園くらいなものだ。狩りに行かないと獲物はゲットできない。でも野球は強制的に打撃ではバッターボックスが回ってくるし守備では飛球が飛んでくる。その時は主体性をもって対応せざるを得ない。内向的な人でもそこでは無理やりに舞台に押し出される。積極的でない人にも積極的な人と同じように楽しむ機会が与えられるから好きなのかもしれないな。言うなれば「引きこもり更生プログラムスポーツ版」みたいなものって感じですかね、野球は。なんか嫌な例えだw
いいスポーツですねぇ、野球は。この考え方ってあの甲子園と同じスポーツとはとても思えない感じがするけど。

初めて納涼会に参加しましたが、あの席も新鮮で参加して楽しかったです。
帰りの電車も大人数で楽しかったです。

このひきで下の写真を掲載するとまるで中沢先生がFM09みたいですね。おもしろっ