シンプルに、FM09です。

キャップ屋上BBQ大会に持って行ったカウンタースイング。まだ使い方が良くわらかないけれど練習道具としては使っていこうかと。
FM09のスイングはドアスイングらしくダメらしい。一応飛んでる事は飛んでるんだけどダメらしい。
それはね、言われなくてもわかってはいるんだ、スイングが不細工だから。写真とかを後で見ると。
ちなみに昨日キャップが素振りしてる風景はこれ。

だからカウンタースイングを使ってスイングを矯正したい。
たとえ直井先生に「無理!」と言われようが、中沢先生に「今のスイングでパワー強化の方が近道!」と言われようが、矯正します。

松戸運動公園の左翼、右翼は90m。おそらく現状のFM09の飛距離は60mから70m。まだまだ全然柵越えまでは足りない。
外野の頭を抜く事は今でもできるが、おそらく現状のスイングの延長線上にはホームランは無いと感じている。
ホームランを打ちたいというのは冗談で言っているのではなく真面目にです!
やるだけやってダメならまあしょうがないでしょ。なんか他の方法をまた考えます。

「いったんスイングが壊れてもいい(ていうかいったん壊さないとダメ)、だからありったけの飛距離を」という誓約と制約で少し振り込んでみます。少しずつでも。
ゆっくりスイングすると音の違いが判ります。音の鳴る位置も。これでスイングを矯正して直井先生を驚かせる事ができるか、それとも「ほれみろ無理っていっただろっ!」ってなるかは今はまだ未来が確定していない。