30後半は野球選手の引退ラッシュで少し寂しいですな、FM09です。

イチロー、松井と同年代のFM09はあのイチローの打率がどんどん落ちていくのを寂しく思っていた。昨日は松井稼頭央が今年限りで引退というニュースが入った。野球選手の事をあまり、というかかなり知らないFM09でも松井稼頭央は知っている。

なんでか。

筋肉番付とかに出てたから。サッカー選手とかと違って野球選手って身体能力が高くて凄いなぁと思ってみてた。松井稼頭央もかなり身体能力が高かったような記憶がある。落ちてくるボールにタッチしたりとかパワー系の放り投げの奴とか記憶が定かではないけど何でも上位に残っていたような気がする。ところが野球のプレーの方はあまり見ておらず松井稼頭央のプレーをそんなに見ていないのが今となっては悔やまれる。ショートだったみたいだから高いセンスと身体能力でファンタスティックなプレーを連発していたに違いないのに残念。まあ今更だけど。

それにちょうどこの頃は野茂が草根バ監督と折り合いが悪くなって近鉄を去りメジャーに行ってしまった頃。
仰木彬率いるいい加減で野放図な感じ漂う当時の近鉄バファローズというチームが好きだったのであり、野球という物に対しては興味や知識がそれほどあったわけではなかった時期。
仰木彬率いるいい加減な近鉄バファローズVS森率いる統率された正統派野球の西武ライオンズという構図。たぶん自分がいい加減な人間だから西武よりも近鉄の方に惹かれたんだと思う。仰木彬は選手の個性を引き出すのが上手そうだったからああいう監督の下で野球をやれる選手が活き活きして見えて羨ましかったのかな?

意味が分からん、羨ましいってなんやねんw
野球をやってるわけでも上司の命令に従う会社に勤めてるわけでも無いのに当時はまだw
バイト先や大学の研究室での人間関係にでも息苦しかったんだろうか、当時。
そんなこともないから単に自由にテキトーに野球をやって仕事になってる風に見える近鉄のおっさん達が楽しそうに見えてたんだろうな。

事実、仰木彬がオリックスで監督をやってた時にイチローが台頭してきたしね。そういう個性ある選手を生かす監督で素晴らしいなぁと思ってみてた。

が1996年あたりからはFM09は地元柏のカレッカ率いる柏レイソルが待望のJ1昇格を果たしたことからJリーグに夢中になり、NBPへの興味が薄れていた時期で松井稼頭央の活躍しだした頃はあんまり見てなかったんだよね。

そんな松井稼頭央が引退するときはここ西武で野球人生を終わりにしたいって言ってるのを聞いてなんかウルっと来た。日本球界復帰時は楽天に行ったから西武ライオンズに対する愛情ってそんなに無いのかなって思ってたけど、そんなことも無かったんだね。病院で死ぬのは嫌、最後は慣れ親しんだ自宅の畳の上でって感じ?

楽天は病院、西武は自宅、か。

最後は自宅で看取ってやるから日本シリーズ、広島に勝って最後は嬉し涙で引退しよう!
まずはリーグ戦、優勝目指してラストスパートだっ!