グッドモーニング、FM09です。

羽生弓弦、この人はいったいなんなんだろうか。
ルール改正後の今季世界最高得点を叩きだし、そして世界初のクアッドトーループとトリプルアクセルのコンピネーションジャンプを決めた。

本番に強い底知れない才能。でも恐らくこの人の本当に凄い才能は常に新しい目標を持って努力し続ける才能だと思う。出来なかったことを出来るようになるまで諦めずにやり続けることが出来るメンタルがあるからここまでの事が出来るのだろう。

あそこまでトップのトップに来ると肉体的な才能以外にも精神的なタフさが必要なのだろう。

演技構成を含めたトータルはともかくジャンプは世界初のクアッドルッツを跳んだ中国のボーヤンジンや多種のクアッドジャンプを持つネイサンチェンに一歩譲るかなと思っていたけど、こういうのって自分の系統のジャンプというのがやはりあるのかな。

てか、浅田真央が得意としていたあのトリプルアクセルをコンビネーションのセカンドジャンプに持ってくると言うことは、ほぼ助走無しでトリプルアクセルが跳べると言うこと。

今は世界初のクアッドアクセルを準備中だとか。もうここまで来るとライジングインパクトや7つの大罪の作者、鈴木央が描いていたブリザードアクセルの世界が現実になった感じ。凄いねぇ。

さすがにブリザードアクセル(5回転アクセル)は現実には無理だろうけど。あんなんやったら筋肉千切れますわw