松戸歯科医師会野球部ミラーズの皆様、今年は本当に大変お世話になりました。来年もウザがられない程度にミラーズの練習やイベントに参加させて頂ければと思っております、FM09です。

さて年末恒例の「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」を皆さんご覧になられましたでしょうか?

今年はヤクルト古野、ソフバン城所、元オリックス現独立リーグ塚田の3名の翻弄される様子が放送されていました。

この番組を見るたびに、プロ野球選手を目指さなくて良かった(君はその前にまずどこかのリトルに入ろうね?)と胸を撫で下ろします。

24歳、32歳など、一般社会であればまだ新入社員だったりこれから中心として活躍していく予備軍の年齢でこれですから、本当に厳しい世界です。

プロ野球選手と将棋の棋士はスーパーエリートのみが職業として選択を許される狭き門ですね。この平和の世に残された、まごうことなき生きるか死ぬかの弱肉強食の世界です。

古野と城所と塚田がどうなったのかはネタバレになるのでここでは書きません。見逃した方は残念でした。

シリアスな番組なんだけど今年は別の意味でも楽しめた。元オリックス現独立リーグの塚田投手のダメダメな感じと、FM09の身近にいる立派な「塚田さん」と、仕事に対しての周りの評価が正反対なのに、顔が凄く似ていてニヤニヤしながら見ていた。

年齢は倍ほど違う。それもニヤニヤ具合の1要因。すわ、隠し子発覚か!?とビックリするほど印象が似ている。

このちょっとボーっとして眠そうな眼、腫れぼったい頬や瞼、無造作なヘアー、顔の輪郭。立派な塚田さんが25歳若返ったら多分塚田投手になる。というか塚田投手を塚田Jrと記載したくなる欲求が・・・。

そう言えば塚田さんはいくら野球に誘っても全く反応を示さない。そのくせタッパは180はある。これはギタイだ。

ギタイと言っても、リタ・ヴラタスキが出てくる方ではない。

擬態だ。

塚田さんは本当は昔甲子園を沸かせた伝説の投手で家の事情で高校でスッパリ野球から卒業したのだ。

その後、電気通信大学で出会った運命の彼女との結婚を親に反対されて駆け落ち。25歳で彼女は塚田さんとの愛する子供を宿すが名家出の彼女はSPに連れ戻されて二人の駆け落ちは終わったのだ。

その後、塚田さんは彼女への思いが断ち切れず50歳近くまで独身を貫いたが、男のサガには勝てず遂に結婚。

しかしマーフィーの法則(古っw)よろしく、そんなときに忘れ形見の塚田JRがTVに出てきたというわけだ。

彼がわざと戦力外になり、わざとらしく独立リーグに身をおき、彼女には結婚をダシに飼い慣らした犬のように待てっをさせた状態で満を持してトライアウトに参加した本当の目的は、プロ野球界に復帰することではなく実は「25年前に生き別れた本当の父親に自分を見つけてもらうことだった」としたら?

塚田さん!苦労している息子さんがっ!あなたを探しています!今更名乗り出られないまでもせめて養育費だけは送って!

なんて妄想で楽しみながら観ていました。最高に面白かったです。てか冗談じゃなく親戚じゃないんですかね。

いや、ほんとうに似てるのよ。写真、貼りたいくらい。こんどオリックスのユニフォームを購入して塚田さんに着てもらおうかな。

でもいくらブレーキが損傷気味のFM09でも許可なく知り合いの写真は貼れないってばよっ!

えっ?いつも貼ってるじゃあねーかって?

はて、いったいなんのことやら。