メットライフドームの事で頭がいっぱいです、本拠地で埼玉西武ライオンズを観るのが今から楽しみです、FM09です。

プロ野球のオープン戦の事ばかり考えていたら、いつの間にかにセンバツ高校野球が始まっていた。

開会式で大阪桐蔭の選手が優勝旗返還のためだけに呼ばれていてちょっと可哀想だった。

ちょっとした嫌がらせレベルではある。可哀想だからあのガマガエルみたいな監督も並んであげるべきだと思った。

それにせっかく選抜に出れないのに衆人恥辱のなか御足労頂いてるのだから、一言くらい好きにしゃべらせてあげればいいのにね。

「今、ラジオやテレビでアナウンサーやら解説者やらがしたり語りで俺達の心情に関して推測でテキトーな事を言っているが、全然ちげーから!的はずれなんだよてめぇらのいってることはなー。こんな雑魚ばかりの甲子園なんか、俺らの方から辞退したんだぜ、100回記念大会の優勝をゲットしたからちょっとしたバカンスみたいな感じでなぁ!
俺達の居ない絶好機にかりそめとは言えせいぜい甲子園での優勝を味わうがいいぜ。俺達がいつもみたいに本気だして出場していたら絶対に味わえねーからなぁ、あっはっはっはーーーーー」

観客からはブーイング、出場校からはボコボコにぼこられて退散しつつ泣きながら「ううっ、グスン、お、覚えておけよー、今度の甲子園ではてめぇら全員ぼっこぼこにしてやっからなー」との捨て台詞。

このくらいのエンタメはしてほしい。

すぐに高校球児らしい爽やかさとか全力でとか、もうそういうのお腹いっぱい。

といいつつ、開幕試合の呉と和歌山の試合、凄く面白かった。

呉の9回表のスクイズで追いついた時のタッチのかいくぐりとかFM09もやってみたい!いや、絶対やってやる!そのためにはまず3塁まで進んで、誰かがスクイズバントをしてくれないとな。打ちあわせしとかんと。

試合は結局和歌山のサヨナラ勝ちだったんだけど、かなりギリギリの勝負ですっごい興奮した。ヒットの数から考えて和歌山が勝ったのは順当と言えば順当。

それにしても両方とも守備上手かったなぁ。延長に入った時の和歌山打者の大飛球を呉のレフトがスーパーランニングキャッチしたのなんて本当にすげーって声を上げた。

むらやまんの甲子園でのスーパーキャッチと同レベルの凄さだった。こういう大舞台でああいうキャッチができるって本当に凄い。

打撃だけに注力しつつも、たまには守備も頑張ろうと思った。だってさ、あんなキャッチができるようになったら絶対楽しいし!

やってやれないことはない、の精神は何事にも大切ですよね。

追記。
星稜のピッチャー、すごいなー。