1ヒット、1盗塁、1エキセントリックワントラップライトニングフライキャッチ、FM09です。

もうね、胸でライトフライをワントラップしてそのはねっかえりを地面スレスレでノーバンキャッチして味方・敵双方に喝采頂きました。以前から必殺技としてドッヂボールキャッチ(膨らんだ腹とグローブでボールを挟んで取る技)を習得しているFM09ですが、技が進化し胸でのワントラップが追加。とりあえず体の何処でもいいからボールをバウンドさせてボールを生かす、というバレーボールのリベロみたいになってきました。こんな事だから一人だけ別競技をしているように見えるって感想を頂いたりするんだよなぁ。もはやサッカーやバレーボールに近いです。プレーが。そう言えばミラーズの練習の時もフライを足の爪先で直接シュートしてしまいツカポンタンに「FM09、何それ今の~」と興味津々にされた事があったな。今度、フライをオーバーヘッドシュートでファーストに返球してみるか!
まったく、フライをグローブで掴みきれないだけで、どれほど苦労してるのだよ、FM09・・・。

さて三男が土曜、長男が日曜朝に野球的活動をしたと聞き、次男も頑張ってきましたよ。

コカコーラキング770gを新マイバットにしたのはいいが、いまいちアンダーコントロールになっておらず苦戦中。

試合中はピッチャーの投球に合わせに行くのが精一杯だけど、せめて練習中はフルスイングを心掛けてみた。

結果はフリーバッティング2打席とも三振。うん、もうこれでいい。自分で自分を褒めてあげたい。

エースピッチャー島崎くんの球は全力で投げていないストレートでも110k/h、当人は速度が出ていないと言うけど、こちらからするとヤマナリじゃない伸びのあるストレートと久々に対戦できたって感じで清清しさすら感じたほど。

全然当たらなかったけど、コカコーラキングでフルスイングできたからここからなのだ。ここから1年かけてアジャストしていく長い道のりが始まっているのだ。

で、当人にありがたいアドバイスを貰った。「顔を置けば当たりますよ」

意味がわからなかったので後で指導してもらった。

顔を置くとはボールを目で追い、スイングのときにあさっての方向を見ない事らしい。

FM09はスイングのとき顔がレフトスタンドの方を向いちゃってるらしい。最後までボールを見ていないのでボールを捉えきれていないとの事。

ボールを最後まで見るのは常識といえば常識だが、どうも意識はレフトスタンドホームラン!って先走ってるのでたぶん全然ボール見ていないんだろうなと反省した。

島崎くんに指摘してもらった「顔を置いたバッティング」を実践します。やっぱり周りに実力者が多いと色々教えてもらえてトクですなぁ。

そう言えばスイング自体にはダメだしをされなかったのだがアレでいいのだろうか?

ただの全力フルスイングだよ?

相手をぶっ壊すつもりで振ってる雑なスイングだがOKなん?

それともそれに言及しても詮無い事としてあえて言及が無かったのか。

ま、どっちでもいいか。とりあえずトレンドキーワード「顔を置く」ですよ、皆さん。