結局雨か。せっかくピッチャーとキャッチャーのコツを掴めそうだったのに、FM09です。

10日前の出来事となるともはやうろ覚え。夢か現か境界線が朧気になってくること請け合いですな。この鎌ケ谷スタジアムという野球場は前述したように松戸運動公園に毛が生えた程度のスタジアムで小規模なんですよ。そりゃ2軍のスタジアムなんだからそうだよね。2軍のスタジアムがメジャースタジアムのような規模でどうすんのって話ですよ。

物事には何事も功罪両面がありまして。ここ鎌ケ谷スタジアムはおそらく飲食物の持ち込みフリーパス。事前に知っていればこれはもう手荷物1つ増やして参戦しただろうね。その中身が何なのかは言わずもがな。わかるだろ書かなくても。

でもそのかわりと言っちゃなんだが、飲食物販売所の規模が小さい。小さいというか1店舗しかない。これは痛い。非常に?非情に。

のわりに、買いに来る人が結構いて列を成している。お前らなぁ、飲食物持ち込み自由なんだからここに来る前にコンビニで食料品仕入れて来いよ。まったく計画性のない奴らだ。

と、他人をディスっても仕方がない。かくいうFM09も市川大野の駅前コンビニで散々うろついた割にメイン飲食物として購入したのはおにぎり1個とサンドウィッチ1個というかなりこじんまりとした品物だった。

ていうかそれは現地で食料品を購入した方がイベント感が出るので「あえて」そうしたのだが、どうも裏目にでたようだ。この行列には並びたくない。稀代の行列嫌いのFM09はこの行列には並びたくない。というのもナオミスターから事前情報を仕入れていたからだ。

「FM09、鎌スタの食べ物はみんな不味いから覚悟しときなよ」

こんなことを言われているのだ。売っているものが不味いのはそれは仕方ない。ここの店員は不味いものしか作れないのだから。それに文句を言っても始まらない。それに不味いものにもそれなりの楽しみ方もある。どれだけ不味いかを体感するというドM的楽しみ方だ。それはそれで楽しめるだろう。食品衛生法に則った店がまさか食べたら死ぬような物を販売しているはずもなし。上級国民でもないFM09は割とどんなレベルの物でも食べられるものならストライクゾーンは広いのだ、バッターボックスに立った時と同じように。

だが流石に不味いと吹聴されている飲食物を並んでまで買いたくは無かった。試合中に来ればさすがに空いていると思われたので食べ物をスルーしてレプリカユニフォーム探しを先にするという想定外のパターンとなった。それにしてもソフトクリームが無さげだった事に一抹の不安を覚えた。成田ゆめ牧場クラスを常に求めるほどのアイスグルメではない。普通ので良いのよ、普通ので。スジャータのタネを使ったソフトクリームとかでね。それでもイベント時のソフトクリームは必須案件だと思うなぁ。

という事でグッズ販売店の前に来た。なんかくじ引きやっているがそんなものはどーでもいい。色々あるようだが、2軍ルーキーの物が一押しのようで柿木、吉田のグッズが目立つ。購入客は女性が多く、その女性達のお目当てはやはり柿木や吉田の物が多いように見えた。固定観念で見ての事だけど。

でもなぁ・・・選手としては柿木、吉田の成長物語は興味あるけど、グッズ購入の対象としてはあんまりというか基本考えていない。両名は所詮ピッチャー。FM09の野球人生とはおよそかかわりのないポジションの人達である。全然食指が動かない。ピッチャーのレプリカユニを着ても気分が高揚しない。むしろダウナー系の物品だ。だってさ、そのレプリカユニが凄いピッチャーであればあるほど恥かくのはこっちじゃん?FM09が大谷のレプリカユニなんか着てごらんよ。コントロールは無い、球速も威力も無い人間が大谷のユニフォーム着てどうすんのって感じ。

書いてて気が付いたが完全にFM09はレプリカユニフォームを実用品として認識していますね。普通の人は記念品として憧れの選手のアイテムとして購入するから上記のような思考にはならないですよね。自分が野手だから、長距離打者に憧れるからという理由で、そしてピッチャーのレプリカユニを着て送球する事を想定して購入に拒絶反応を起こしているって事は、この人は完全に購入したレプリカユニフォームを部屋に飾ったりするつもりはなく、練習で使い倒すつもりだという事がある程度俯瞰した視点で書いているブログで確認出来ました、今。

しかも不遜と言うか傲慢というか、だったらスラッガーのレプリカユニを着たならお前は恥をかかないのかって視点が完全に欠落している。結局どっちもその選手たちのような事が出来ないという点に違いはないのだが、スラッガーの場合はそういう選手になる事が憧れだからそのレプリカユニを着ると同じ事が出来るようになるんじゃないかと思っているので恥をかくという視点にならず、パワーを貰えるような気がしてくる。だったらピッチャーのレプリカユニを着たら球速も上がり球威も上がりコントロールも良くなる気がしてこないとおかしいのではないかと俯瞰した視点から見て思った。酷いダブルスタンダードだわな。結局この人は打撃にしか興味が無いって事なんだよ、うん。ま、別にだからといって自分の買いたい物を買うだけなんだが。

なのでスラッガー系のレプリカユニを探してみるのだが・・・・ない。しかもさすが2軍。ビジターユニフォームは一切置いていない。今日は日ハム選手の中から選択するしか選択肢が無いようだ。ヤバい。日ハムで知っているのって斉藤と梨田と大谷と栗山とレアードと中田と上沢と清宮と横尾位しかいねーぞ?

斉藤と上沢はピッチャーだから除外だし、梨田と大谷とレアードはもう居ないし、栗山は監督だし(梨田もだろっ!)中田はなんか西武の森に通じる波長が同調しない応援あんまり出来ない感があるし、となるともう清宮と横尾くらいしか残ってない。伊藤君が最近FM09にリンクするって薦めてくる横尾は日大三校、慶応義塾大学と4番を務めた人らしいから本来FM09の憧れる長距離バッターとして選択肢に入ってくるはずなのだが、選手名鑑で確認すると長距離しか狙ってないという割にはホームランが少ない。背伸びしてホームランを狙ってる感が少しあるのが頂けない。

と書いていてまた気が付いたが背伸びしてホームランを狙ってる感って、そのまんまFM09の事じゃねーかw
そういう視点で伊藤君がFM09と横尾のリンクに触れていたのだとしたら流石だ。伊藤君がFM09にサードとセカンドを最近少し薦めてくるのはこの横尾リンクが原因だろうし。個人的には横尾とFM09がリンクしているのはアゴが無い所ぐらいだと思う。

ただまぁ、清宮と横尾なら両方ともピッチャーでもキャッチャーでも無いので及第点ではあるため一応両名のレプリカユニを探してみる事に。横尾のは無かった。大人気で売り切れた、とは思えず、単に人気が無いためと思われた。現在怪我で戦線離脱しているとはいえ、清宮は流石でレプリカユニもTシャツも量としては割と豊富にあった。だがFM09が欲しいレプリカユニのLサイズは残り1枚となっていた。これはもう神の啓示だ。お前がこれを買って完売にしてやるのじゃ、と言われている気がした。特に清宮のファンでも何でもないのだがこんなFM09でも名前は知っているし、ナオミスターも伊藤君も去年推していた選手だけに安心感がある。将来性をかって清宮ユニフォームを購入した。背番号の21も悪くない数字だし。練習の時に着るので合わせてフリーサイズの日ハム帽子もゲットした。ああ、満足。

恒例のレプリカユニもゲットしたことだし、メシダネ仕入れてからみんなの所に戻ろうかとさっきの販売店を覗いてみたところ・・・・うっそだろ?さっきより行列が伸びてんじゃん!

なんかグッタリとしてしまった。しょうがないので今は飲み物だけFM09にとっては体液の次に大切な液体、コカ・コーラのペットボトルを2本通常自動販売機価格で購入してベンチへと戻っていった。1本160円なのは非常に助かるのだが非日常感が薄れてスタジアムまで野球を見に来たって魔法が解けそう。なんか松戸運動公園で練習している感覚になってきた。

練習か・・・・・野球の練習、だーい好き!(ハズキルーペの感じで)この表現そろそろ飽きてきたな。

続く。