今帰宅。とりあえず明日から連休的な?、FM09です。

ミラーズBBQが行われている最中、ずっと仕事。一進一退の攻防を繰り広げていた。相変わらず予定通りに仕事が捗らない。予期せぬアクシデントが同時多発し、もう泣きたくなった。それでもなんとか休みがとれる所まではこなしたから平成の仕事はこれにて終了だ!

平成最後のサラメシはラーメンだった。先日FM09に返り咲いたFM09。せっかくなのでFMという名に恥じない何か平成の世に記念となる注文は無いものかと思案した結果、こんな注文となった。

冷麺大盛と豚骨醤油煮玉子ラーメン大盛のコンボだ。2人でテーブルにつき3つの大盛りラーメンを注文するという変則注文に注文を書き留めるおそらくベトナム人の女性の指がフリーズした。

注文を聞き返すベトナム人女性の店員が最後にこう付け加えた。「・・・・お二人様で宜しいですね?」

「ハイ」聞き流しながらなま返事をした。

あとで考えたらこのやり取りは「この席二人しか座ってないけどラーメンを3杯それも全部大盛りを注文するの?間違ってない?あ、もしかしてあとで一人遅れてくるんでしょう、さてはあれだモニタリングでしょこれ、その手には乗らないわよw」って確認の意味だったと理解した。

違う違う、そうじゃ、そうじゃな~い。一人で2つ食うんだよ~。

だって冷麺食べたかったんだもん。あと豚骨醤油煮玉子ラーメンも食べたかったんだもん。

ミラーズBBQに参加できていたら豚でもないカロリーを摂取していたはず。ならばこの程度、児戯にも等しいわっ!

まず出てきた豚骨醤油煮玉子ラーメン大盛りを食べ始める。それを食べ終わろうかというところで盛岡冷麺が出てきたので同時平行で食べる。ほどなくして両方ともペロリと胃の中へ。はい、ごっそさん!

時間差で出してきてくれたところにこの店のプロフェッショナル魂をしかと見た。

冷麺っていつもスイカが入ってて邪魔だな~って思ってるのだが、ここのはスイカが入ってなかった。イッツパーヘクツ!

平成最後のサラメシは最高の着地点でテレマークを入れられた。サヨナラ平成、さあこい令和。

さて、時を4月18日の鎌スタに戻そうか。

個人的にカレーは大好き(わかってるってっていう声が聞こえた気がする)、ラーメンも大好き(同じことを2度言わせるなという声が聞こえた気がする)フライドポテトも大好き(一度シャカシャカしないシャカシャカポテトをマリンスタジアムで持ってきたよなお前って声が聞こえた気がする)、唐揚げはそれほど好きではない(嘘だろっ!?っていう驚愕の声が聞こえた気がする)なので、まずはのびる前に食べなきゃいけないラーメンに手を付けた。

ナオミスターの事前情報がインプットされているので美味しそうか、と言われるとちょっと自信が無い。調理する前の冷凍状態で大量に山積みされている冷凍麺を鎌スタ☆キッチンで並んでいる時に見ているのでなおさらだ。でもさ、ただの肉も外で食べるとなんだかおいしく感じられるじゃない?シチュエーションブーストがかかると物って何でも美味しくなるんだよ。今日ミラーズBBQに参加した人は体感していると思うけど。

初鎌スタで実際に食べる不味いと聞き及ぶラーメンをいざ、実食!

ん?食べ物としては普通に食べられますけど?意外にも。

FM09がいつも冷凍食品のラーメン食べてるからかなぁ・・・普通に食べられます。ヤバい、なんかもっと不味いのを想定して身構えていたからどう反応していいかわからない・・・。

普段万引きや暴走行為をしているヤンキーがちょっと近所のクリーンデーのごみ拾いに参加したら「あいつ意外に良い所あるじゃん」みたいに意外に良い人扱いを受ける何か納得できない状況みたいな?

激マズを想定していたら昔のサービスエリアレベルの調理人の魂は感じられないけどこんな料理不味くて食えるかっ!みたいな海原雄山激おこまでは行かない極めて普通の気の抜けた冷凍食品みたいなものだった。FM09、普通にこれで別にいいよ。うずらやビーフジャーキーの添え物として食べるには十分なレヴェル。

そんな感じで麺を啜りつつモグモグオグモグしていると、試合が展開し始めた。

3回表ロッテの攻撃。ロッテのえふわらんがレフトにヒット、三毛猫がセンターにヒットと塁を丁寧に埋めていくと、4番安田がライト前ヒットでロッテのえふわらん生還で1点先取!立て続けのヒットとついに均衡を破る得点にスタンドが大いに盛り上がる。FM09もワーワー興奮して拍手しまくる。特にロッテファンではないのだがロッテのえふらわんには注目しているし。

さらにここで出てきた偽山川、というより偽曙?のアジャ井上。アジャのバッティングフォームは独特。左足を後ろに引いてスタンスをとるんだよ。変なフォームが割と好きなFM09。もう少しちゃんと継続してホームランを打てるようになったらファンになってもいいんだがな・・・・と思ってた瞬間、井上のバットが柿木のボールをとらえた。

ここで出ました、ホームラン!

ロッテファンエリアのボルテージが最高潮に高まる。試合の流れをロッテに引き寄せる3ランホームランだった。2軍レヴェルだと井上もホームランが打てるんだね。やっぱり野球の魅力はホームランだな、FM09的には。わかりやすいものに飛びつく素人と言われるかも知れないが別にいいよ素人だし。いぶし銀のプレーなんか見ても楽しみ方わかんないよ。

この回ロッテは4点を奪い4-0と言う展開。ホームランスキーのFM09からすると井上良くやったと褒めたい。今日はロッテのえふわらんを超間近で見られたし、ホームランは見れたし、最高だっ!

だがこの井上のホームラン等、ロッテの打撃に触発されたのかその裏のファイターズの攻撃も凄かった。安打と死球の連鎖で気が付いたらなんとロッテを超える5点を奪い4-5と試合をひっくり返してきた。

完全に打撃戦の兆候だ。良いよ良いよー。打撃戦、大~好き!!!!!!!!

ただ何か気になる事が。FM09の3列前の座席に家族と観戦に来てるファイターズファンの男の子(小学生後半か中学生前半)が居るのだが、ロッテの選手がヒットを打ってロッテファンエリアのファンが大喜びの大騒ぎをすると座っているベンチから180度顔を回転させてどこかもしくは誰かを睨みつけているような行動を取る子が居た。行動から察するにファイターズファンなのだろうが解せない。尖ったナイフのような子だ。FM09もこの子のような強気の心があればもっと積極的にバッティングに挑めるのにっ!!(ボール球には充分すぎるほど積極的なのですが、どーもストライク球には消極的でして、、、)

FM09が聞いている限り数多のロッテファンは好調な打線に興奮し、喜んだり応援歌を歌ったりしているだけで相手を挑発したりなどはしていない。いたって平和的だ。この少年は何に対してイラつき睨むのか、不思議でしょうがなかった。ほら、また野球以外を見てる。ほら、視線がカレーをとらえ始めたよ?逃げて、カレー!!!!!!!

続く。