昼休み、FM09です。

セ・リーグ、パ・リーグ通じて2019年最速のホームラン30本に到達したのはウチの(埼玉西武ライオンズはお前の持ち物か!?)アグー山川です!

一時期はだいぶ他者を引き離していましたけどペースダウンでギリトップ。

ですがここからまたガンガン打っていこう!

なんだかんだ言われる4番のポジションだが、それはみんなの期待の裏返しだからさ。

単打、長打、ホームランを状況に合わせて自由自在に打ち分けられて最終的にホームランキングも取っているホームランバッターなんて100%完璧超人な奴なんかいるわけないし。

それに自分の周りの草野球人を見ていても本当に遠くへ飛ばす人間はFM09とかよりガンガン三振してるし。当たれば飛ぶ。良いじゃないですか!器用貧乏より全然好きです。そっちの方が。

あんまり三振しない、遠くへ飛ばすスマートな人も居ますけどね、そういう人は18~22歳とか、もうどんなことでもできるんじゃないかっていう人生の中での体のハンドリングがピークになってる人とかの話だし、それにアベレージでは遠くに飛ばすけど、飛距離MAXっていうベクトルじゃない事が多い。もちろんホームランは柵を越えれば全部ホームランだから飛距離MAXじゃなくてもいいんだけどさ、FM09はボールを遠くに飛ばすっていう行為に対して「いかに効率的にシンプルに美しく打てるか」「いかにパワフルに人の心をざわつかせるほどの勢いで放り込むか」「いかに全身の力を集約させて反発するバネの様なドンピシャのタイミングで打てるか」「ライナーであそこにぶち込むかよっ」「あの高い角度で柵越え!?」とか色々な視点のホームラン観戦を楽しんでますが、山川の他を圧倒するパワーのホームランも大好きです!片膝ついてホームランを打った時はもう興奮しましたし。そんな不格好なスイングはダメとか言ってた解説者もいたみたいだけど、何それ?相容れないね。ホームランはホームラン。他者を圧倒するパフォーマンスで柵を超える方法は何種類合ったって良い。文句をつけるなら自分がそのスタイルでやってみろってんだ。出来ないくせに。なんでもいいの、ワクワクさせてくれるプレーを見せてくれるなら!

それがプロ選手でしょ。唯一無二の。みんな同じフォーム、同じ打ち方。同じ放物線じゃ面白くないでしょうが。

20代の4番はそれで良いんじゃないですか?相手にプレッシャーを与える事ができる迫力を持っている選ばれた人間なんですからガンガン行きましょう!

山川は山川、中村は中村。自分に合ったスタイルを追求してプロ野球人生を悔いなく駆け抜けて欲しい(お前、ほんと何様だよ、どこから目線だよ!)

後で、山川のスリーランホームランの動画、youtubeで見つけたらまた張っ付けておこう。

おかわりの400号ホームランもだけど、パ・リーグTVが掲載している動画だったらリンク張ってるだけだから別に良いよね。