今年は紅白戦&食事もしたし、マリンスタジアムで西武戦も観れたし、松戸ミラーズの灼熱地獄朝練も出来たし、中々遊べたなり、FM09です。

通常業務に戻ったので今、殺伐と仕事をしている。メールも仕事も溜まっている。まだ頭が上手く回らない。ボーっとしている。いやボーっとしているのは昨日のグラウンドでの直射日光照射で熱中症気味なのかも知れないが。

もう少しお盆の残照を感じたいのでBGVとして甲子園を表示させている。

習志野も負けちゃったし、なんかFM09の中の甲子園もピークは過ぎたかも。

今日の第1試合、作新学院による岡山学芸館蹂躙がなんとも・・・。ああいう時は互いにどうモチベーションを保てばいいのだろうか。

表向きは常に全力プレー、元気ハツラツ、僕たち高野連様が推奨する正しい高校球児っス!って感じでプレーしているけどさぁ。内心はこうなんじゃないかなぁ。

作新「ハイハイ、もういいっしょ。18点差で勝ち決定。怪我の方が怖いわ。俺達には次があるんだし。後はテキトーに流して終わりでいいよ。暑いし」って感じの舐めプ。

岡山「ハイハイ、もういいっしょ。18点差で負け決定。グランドスラム4回やっても追いつけない。この状況でどう希望を繋げばいいんだよ。暑いし」って感じの諦めプ。

8回、作新学院のランナーがとても間に合わないと思われる状況で3塁コーチャーが制止せずにノーストップホーム突入という無謀なプレーを見てそんな妄想が浮かびました。このプレー、タイミングは余裕でアウトなのに岡山のキャッチャーがボールをこぼしてランナーが生還した。妄想だと作新のランナーが憮然とした顔でチッっと舌打ちして岡山のキャッチャーを見下しているシーンが。「なんだよ、さっさと試合が終わるように完全アウトのタイミングなのに突っ込んでやったのにこれでもアウトに出来ねーのかよ、お前らカスだな」と言い放つ。その発言を聞いて委縮する岡山のキャッチャー。まさに悪の学院。というような妄想。

作新学院ともあろうものがあんな無謀で雑なホーム突入をする!?という驚きから広がった妄想。

まったくピュアじゃない汚れ切った心の持ち主だからこういう妄想をする。やっぱりFM09、心に闇を抱えている。

もうピークは過ぎた感はあるが、まだまだ甲子園、楽しませてくれるじゃあないか。

しょうがない、もうちょっとだけ付き合ってやるか。