今週は河川敷か・・・何もかも懐かしい、艦長09です。

今週は河川敷、来週は駅ビル前、再来週は道の駅とかいうと完全にホームレスですね。

今年の前半に決まった財政緊縮で、今年は完全に河川敷を流浪すると思ってました。最近数か月は松戸運動公園での練習が当たり前の感覚。夜明けを迎えない危機は無いということか。

それでも恵まれた環境で練習出来る事が決して当たり前の事ではないんだよ、という事は肝に銘じて感謝しつつ練習しようとは思う。松戸運動公園に報いるにはやっぱり上達する事なんかな、野球・・・。いやいや、その場を楽しむ事で充分かな。それならOK。

バッティングフリークの癖にホームセンターに売っている段ボールを運ぶ滑り止め手袋やらゴルフ用の手袋やらしか持っていなかったFM09ですが、Tポイントが余ってたのでバッティンググローブ、購入してみました!

ケンセーセンセーが軍手からバッティンググローブに進化して松戸ミラーズのエースバッターに成長した経緯を聞きつつも、「ふーん」って感じで自分がバッティンググローブを買う事は想定していなかった。でぶりんな体型をしている割に道具に関しては繊細な感覚を求めている(と本人は思っている)FM09、バッティンググローブをすることでバットとの会話が出来なくなることを恐れていた。じゃ、お前今はバットと会話が出来ているんだな、と問われるとうーん、なんだけど。バットと触れ合う生の感覚を大切にしたいというか。何かで手を覆う事で本来感じ得るはずの感覚が遮断されてしまう気がして・・・。こういうのは思い込みなのでその感覚を大切にしてここまで野球をやってきた。だからバットのグリップに厚めのグリップテープを巻いてバッティンググローブ無しでもバットコントロールが出来る細工を施していた。

だが。そうはいっても汗をユニフォームで拭っても拭ってもきりがなくて、最近。拭うユニフォームが汗でグショグショに湿ってるんだから当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。汗を拭うつもりで余計に付着させてるだけの気もするし。

酷暑過ぎて手汗、腕汗、腋汗、肩汗、首汗、顔汗、頭汗が全て手先に流れて来て、なんかバットをまともにグリップ出来ないなと感じていた。

それもあって先日、スーパースポーツゼビオに行ってバッティンググローブを何となくぶらぶら見ていたんだけど、その中のSSKのバッティンググローブのサンプルを填めてみたら「これだぁっ」という感覚を感じた。

残念ながらそのサンプルと同じ商品はその店にはなく、しかももう廃盤らしいのでその型番の物を買うことは出来なかった。でもまあ同じSSKならそう変わらないだろうとSSKのバッティンググローブで「見ためが格好いい」モデルを購入した。

それがコレ。

ブルーを基調にしたゴールドとホワイトのカラーリングがめちゃカッコいい。松戸ミラーズのチームカラーとは異なりますが、ライオンズのチームカラーにはピッタリ!

これで間違いなくバットのグリップ力が10%以上向上する。グリップ力が向上すればバットコントロールも向上するはず。バットコントロールが向上すれば打ち損じが減るはず。

よく考えたらユニフォームはあれだけやたらめったら買いまくっているのに、バッティンググローブを持っていないというのはまさに画竜点睛を欠いていたのでは無いかと。

これで最後のピースが填まったことになるのではないか?

遅れてきたACE IN THE HOLE(最後の切り札)。これを付けてフリーバッティングをするのが楽しみ!

バッティングバイオリズムが下降気味だからこそのカンフル剤。

さ、ここからまたホームラン、狙っていきますよーーーー!!!