やっぱむらやまんはスゲーわ。FM09です。

ツカポンタンにだけは伝えておいた今日の練習の欠席予定が直前で覆って急遽参加した練習。

ナカザーとだべりながらの緩いキャッチボールが楽しかった。

トスバッティングでの片手流し打ちをやってみるとなるほどミートしやすかった。

今日は左太もも裏軽微筋膜剥離の怪我をあと1週間で治すためにほぼ動かなかった。

動くのが好きなのに動かないでいる事は中々つらい。欲求不満だが仕方ない。

今日の練習は硬球デーなので硬球を使っての練習。もしかしてホームラン行けるんじゃないかという根拠のない希望は打ち砕かれた。

GoPro動画を見返すとフリーバッティング終了後「・・・ダメだ」と呟いている自分が映っていた。

ホームランという要素を外して撮影した自分のバッティング動画を見てみると、落胆するほど悪くは無かった。ボールが外野の奥の方に上がったのも3、4球あったし打球の半分くらいはヒット性の当たりを放っていた。芯がない手打ちのフォームの素人として考えればそう悪い結果ではない。が、目指しているのはホームランだし、むらやまんや花島くんみたいなああいうバッティング。どうしても彼らの様なお手本のフォームと比べてしまい、その乖離っぷりを改めて突き付けられてへこんでしまう。

人間ってなんでやりたいことに対しての才能が必ずしも備わってないんだろう。輪廻転生が無ければ一度きりの人生なのにやりたいことが出来ないなんて酷いと思いませんか?なんの罰ゲームだよって思ってしまう。

自分もホームランを一度でいいから打ってみたいし、そんなチャレンジに声援を送ってくれる人もいるからまだ頑張ってみるけどさぁ・・・。このもやもやする気持ちをずっと抱えて草野球をしている状態があと5年も続いたら気持ちが萎えそう。別に上手くならなくていいんだよ、野球。ルールも知らなくていい。試合に出られなくてもいい。真剣勝負の時じゃなくていいんだよ。練習の時で良いから柵を超えたいだけなんだ。ささやかな望みだよこんなの。

いつか叶うと信じてる。だから今日上手くいかなくても次、頑張ろうと思う。

今日は参考にしようとむらやまんのバッティングをずーっと近くから見てた。フェン直2本も観れた。そういう意味では足の怪我の回復のために守備練習はほとんど回避したけれど有意義で楽しい練習だった。

気分転換にラグビーボールを買ってしまった。BBQの時につかさんとナカザーに投げ方教えてもらおうと思う。

投げ方を教えてもらった後、このボールをどうするかは考えてはいない。革だと思うから煮て食いますか?w