昨日のBBQでつかさんやしまじろうやナカザーや恩田家のお子さんとラグビーボールのパス回しをしていたら、なんか自然と輪に入ってきた隣の炉の元ラグビー部のオッサン(お兄さん?)に「FM09、さっきからずっとパス練習しているのに全然上達しませんね・・・」とダメだしされた。初対面の人間にズバズバだめ出しされるFM09って一体・・・。てか少しは歯に衣を着せてよ。こっちはガラスのハートの持ち主なんだからさ。
やっぱりラグビー転向はやめます。野球ですよ、野球!FM09です。

昨日のBBQも、その後の会食も色々ネタはあったけど割愛。大切なエキスだけを抽出して記憶にとどめるためにブログ化します。

FM09にとって大切なエキスとはそりゃもちろんホームランを打つ秘訣。えふわらんとナオミスターと伊藤くんに色々と情報を貰ったので何とかこれをマリンスタジアムでさっそく活かしたいとワクワクしています。

人の話を聞いていない事が多いと揶揄されるFM09。半分は本当で半分は本当ではないけど忘れないためにここに書いておくことは無駄では無い。

えふわらんの金言。「FM09のスイングはそのままでパワーアップでこの難局を乗り切って栄光を掴んでください」。あ、はい。それが一番ラクな方法だとは思うのでエニタイムフィットネスで少し頑張ってみます。

伊藤くんの金言。「前足に体重をかけきってから溜めたスイングを対角線で1,2で打ってください」。あ、はい。それが一番伊藤くんの打撃フォームに近いですね。

ナオミスターの金言。「肩を水平に。右足に重心を残して、溜めて打つ。わきを閉めて」あ、はい。ナオミスターのスイングフォームが一番窮屈な感じがしたけれどあれがパワーを溜めているって事なのかな。

三者三様のご意見を頂いて有難いです。少しでも吸収できるように頑張ります。

ただ伊藤くんとナオミスターの重心を残す足の位置が逆なのでそこだけちょっと困惑しています。どっちがFM09に効果的なのかがわかりません。

えふわらんはホームランのためにはFM09はFM09のスタイルの究極系を目指せというアドヴァイス。

伊藤くんはホームランのためにはFM09は関節の動きや下半身と上半身の連動性を考えてパワータイプの山川穂高のスタイルを目指せというアドヴァイス。

ナオミスターはホームランのためにはFM09は力ではなくボールを遠くに飛ばす一番効率の良い究極のスイングを習得しろという究極効率の中村剛也のスタイルを目指せというアドヴァイス。

ここに身近な人を加えるとむらやまんのバッティングとフラワーアイランドのバッティングが入ってくる。

みんな魅力的で目指したいスタイルなだけに迷ってしまう。目移りするっていうか。どれにしよっかなーって感じですよ。

ただウィンドウに展示はしてあるけれどどれもくっそ高い商品で、例えるなら1アイテム300万円は下らない値札が付いてる感じ。

FM09の財布は体型同様膨らんでいるが、お札はあまり入っていないので散々迷った挙句にどれも買わずに指をくわえて帰ってくる未来しか見えない。

身長が190cm位あってちゃんと筋肉がついていたなら今のやり方でもとうにホームランを打っていたであろうと考えると、体格って重要だなと痛感します。

大谷は凄いけど、じゃあ大谷がFM09の体に入ったといて同じことが出来るかというとそれは無理でしょ?

体格を含めて天賦の才なんだろうけど、ちょっとずるくね?