硫黄温泉はやっぱり最高。地震の多い国に住む哀れな国民のささやかだけど最高の贈り物。地震の無い国で温泉の無い国が良いか、地震のある国で最高の温泉の有る国が良いかと聞かれたらどう答えるかな。これの答えは安易にはすべきではない気もする。FM09です。

もうね、今回の出張は途中眠くてしょっちゅう福島の屋外の涼しい風に当たりに行っていた。

やっぱり深夜の移動はすべきではない。仕事前にエニタイムフィットネスなんかいくもんじゃない。ヤバかったよ正直。

で、帰り。

体がヤバいのがわかったのでもうこの時点で完全に日曜の団地投球練習は不参加決定。普段は東北道で帰るのだが、降雪注意表示があるにもかかわらず気が付くと少しでも乗車距離が短い山間道路の磐越道に乗っていた。とにかく、早く帰って寝たかった。

運転中も少し眠くてこれはヤバいな~と思って少しPAで停車。深呼吸したり残り物のパスタを食べたりしてお茶を濁したものの体が疲れているのがわかってこのまま運転し続けるとちょっと危険かなと久々に思ってしまった。時刻は19時50分。いわき湯本はお客さんの工場と自宅とのちょうど中間地点なのでここで休めるとだいぶ体的に楽になる。

ついでにいわきの硫黄の温泉にでも入りたいけどさすがにこの時間じゃもうやってないよな、と諦めながらも検索してみるとまだやってた。21時最終入場、22時閉店。お前、最高だなぁ、さはこの湯!

いわきに行くと必ず立ち寄る「いわき温泉郷 さはこの湯」。ここは宿泊施設じゃなくて公衆浴場なんだけど、はっきりいっていわき湯本の中で一番泉質が良いのではないかと思っている温泉だ。しかもリーズナブル。大人300円。源泉かけ流しの熱めの湯とFM09好みの条件が揃っている。硫黄のにおいもプンプンする濃い硫黄温泉で那須の鹿の湯の次に好きな近辺の日帰り温泉なんだよね。

最近は東北道で帰っていたから久しぶりに立ち寄ることになった。

ロッカー室で裸になって体を洗った後に熱い硫黄温泉にザブンと入るともうそこは天国。至高の幸せ。もう今、心筋梗塞で死んでも(お前死ぬシチュエーションは全部心筋梗塞なのな)なんの悔いもない。30分の長風呂で体も心もほぐれてきました。

やっぱり温泉は硫黄だよ。硫黄が最高。全身が温泉卵みたいな匂いになるから温泉入った~って満足感が半端ないし。

しっかり疲れをとって帰ってきた。ミラーズへのお土産で温泉饅頭も買ってきたんだけど23日に練習がないことをツカポンタンに確認をとったので全部自分で食べることにした。24日までの賞味期限だからね、あー残念。年に1度の新あずきで作られたレアな薄皮饅頭だったのに。残念ですねぇ。

柏屋のこしあん薄皮饅頭、最高!

つぶ餡?バカ言っちゃいけねぇよ。薄皮饅頭はコシ一択です。