プロ野球の開幕は決まったから次は練習予定がどうなるかですな。OGURERA42です。

日々の努力って大切だなって最近思うんです。緊急事態宣言が1カ月半で解除できたのも自粛や手洗いにコツコツとみんなが真面目に努めた結果なんですけど、それとは別にOGURERA42も毎日コツコツと努力しているコトがありまして・・・。

それはウクレレと筋トレとキャッチャーミットの揉みほぐし。ほんとは素振りもこの中に入れたいのだけれどやってねーし。

ウクレレはコードを覚えては忘れ、覚えては忘れの繰り返しで全く前に進みませんが後で振り返ったときにステイホームのレガシーとして残していきたいので楽しんでいこうと思います。

筋トレは本当に微々たる量しかやっていないんだけど、ほんとに微妙なんですけど微かな手ごたえは感じてます。

ゴムボールをひざに挟んでの腹筋は腹筋した時のひざとひじの距離が付かないまでも前よりは近づいてきました。以前は本州とハワイほど離れていた肘と膝が今は本州とサイパンくらいの距離になってきました。
ボクには贅沢に腹肉があるからどうせくっつかないんだ、OGURERA42には肘と膝をくっつけるなんてミッション・インポッシブルなんだ、永遠に無理なんだと半ば諦めながらも毎日泣きながら続けていたらいつの間にか暗闇の先にかすかな光が見えてきた感じ。一向に腹肉の量は変わらないから期待してはいなかったのだけれど、期待していないと案外良い結果が舞い込むのは割りと人生あるあるですよね。
ですが、という事はやっぱり腹筋の量が絶対的に足りないからひざとひじがくっつかないんだということなのね。厳しい現実です。ま、逆に考えると地味な腹筋を続けて腹筋を鍛えていけばひざとひじがいつの日か必ずくっつくようになるし、バッティングや送球にも良い影響は必ずあるはずだという希望も持てる。そこは前向きに捉えることにします。新ユニフォームのサイズをOサイズにしてしまった事もあり、腹筋頑張りますわ。

スクワットもNHKの筋トレ番組に従ってやってますが結構キツい。1分半ぐらいしかやってないのにやり終わった後、太ももが張ります。自重でこんなに太ももを追い込めるとは思ってもみませんでした。やりすぎると歩いているだけで太ももが攣りそうになるくらい負荷がかかりますが、ここを鍛えておけばどんなスポーツでもどんな仕事でも動くの楽ですからね。衰えは足からくるといいますから年齢に抗って太ももとふくらはぎは頑張って鍛えようと思いますわ。

あとは伊藤くんに提案されてデッドリフトをやってます。これも30回から40回だけですけど片手にそれぞれ5kgのダンベルを持ってやってます。ダンベルを使って二の腕も鍛えようと頑張ってます。目指せ、カブレラ!

この程度の筋トレでカブレラみたいになったら世の中カブレラだらけになってるっつーのw

最後にキャッチャーミットの揉みほぐし。これも緊急事態宣言の中、毎日揉みほぐしています。ポケットが崩れないように優しく丁寧に揉みほぐしているので日々の変化はあまりよくわからないけど雨垂れが岩に穴を穿つのだって毎日の変化など見てわかるもんじゃない。長い年月をかけて変化していくのだ。春っちに言われた通り、2年かかるのかもしれないけど人知れず夜な夜な揉んで揉んで揉みほぐすのみだ。ZETTプロステイタス森モデル、順調にOGURERA42の手で揉みほぐされてますが練習じゃなくて揉みほぐすための揉みほぐしで柔らかくなっていくのはちょっと違うんじゃないかと。やっぱり練習で使って柔らかくしていきたいです。カッコいい言い方をすると、「こいつは俺の血と汗の努力を知っている苦楽を共にした戦友だ(カッケーw)」と。OGURERA42、この言い方が誇張じゃないくらい練習で無駄に汗をかくしスライディングなどで無駄に血を流す。黒いキャッチャーミットがどす黒い赤に変色したときがキャッチャーデブーの頃合いだ。

ステイホームで何事も日々の努力が大切だと少しだけわかってきましたよ。素晴らしいレガシーをコロ助はくれたかな。でももうそろそろ消滅する頃合いですよコロ助殿。5時の帰宅放送が鳴ってます。早く中国にお帰りくださいませ。(ΦωΦ)フフフ…