今日は仕事いっぱいした。心置きなく明日は休日!FM09です。

プロ野球が開幕して2日目。ニュースでダイジェストをやっていた。

ジャイアンツパーラー(シャークダンス元祖)のホームランは2分50秒位。

ベイスターズソトのホームランは1分10秒位。強烈な打球! カープ鈴木誠也のホームランは1分20秒位。さらに鈴木誠也2本目のホームランは3分位。2本目強烈!ベイスターズ宮崎のホームランは3分13秒位。

ライオンズ外崎のホームランは48秒位。今季ライオンズファーストホームランは外崎だーーっ!

マリーンズレアードのホームランは57秒位。ソフトバンク柳田のホームランは2分22秒位。上半身が巻き付くような柔らかくも鋭いフォーム。ソフトバンク明石のホームランは3分50秒位。

ヤクルト山田哲人のホームランは16秒位。ヤクルト村上のホームランは28秒位。ヤクルト塩見のホームランは41秒位。中日

パーラー上半身だけで打ってるように見えるのに凄い打球。

ソトのホームランは滑らかだった。ゴルフみたい。鈴木誠也の2本目のホームランはドンピシャな感じでソトのホームランに負けてなかった。

柳田のホームランは救い上げるような感じでソトのホームランに近いか?レアードの最後左手を離して右手でフォロースルーするみたいなフォームも余裕があってカッコいい。

そしてやっぱヤクルトの村上すげーな。

どれもみんな違くてみんな凄い。やっぱりホームラン見ると惚れ惚れしちゃうわ~。

FM09、下半身と上半身が連動していないから下半身のパワーを上半身の動きに連動させられれば飛距離はもっと伸びるはずと旧世代の伊藤君にアドバイスされている。確かにソトや鈴木誠也や柳田を見るととてもバッティングフォームが滑らかで下半身のパワーを上半身に自然に流し込んでいるように見える。プロのように出来たらプロになっちゃうのでそんなことはできないのだが、そこを改善すると現状よりも飛距離を改善できると思うと上達の余地があってなんか楽しいですよね。最終的には村上や鈴木誠也みたいなドンピシャの豪快なホームランを打ってみたいけど、色々見てて現状のFM09の打ち方に似ているなーと思ったのはベイスターズの宮崎選手でした。

なんというか体を回転させて打っていて、最後体が開いて打ち終わる感じ。自分で思っただけだから違うかもしれないけどなんか打ち方に親近感を感じた。

うーん、でもやっぱ村上と鈴木誠也かな、到達してみたいバッティングフォームは。

・・・・ていうかさ、ホームランのフォームを云々言う前にさ、まずホームラン、打とうか、FM09?

いやーでもほんとホームラン見ると和むわー。