つかさんの炭火構築は職人技でした。まるで火災現場で燃え落ちた木材を使って丁寧に家屋を復元し、そのうえでニヤリとしながら燻りから火を増長させ2度目の大火災を発生させるような精密かつ巧妙な仕事っぷりに感服致しました。犯人は必ず現場に戻ってくるという意味が分かった気がしました。真のもんしろ職人はあなたです。吹いてないのでもんしろではないですが、吹かないでもんしろを超える仕事をするのですからスーパーもんしろですよ。今日からスーパーもんしろの称号はあなたのものです。おめでとうございます。あんなワザを見せられたら旧世代のもんしろFM09はもう、もんしろ、卒業です。やった!FM09です。

今回のBBQのテーマは「冷製スイーツ」。「夏のBBQにひと時の冷涼を」というスローガンを掲げBBQを戦ってきました。BBQについてはまた気が向いたらブログに書こうと思いますが、とりあえず忘れる前にヴァニラアイスクリームのレシピを書いておこうと思います。

準備するもの
・ジップロックL(冷却材用)2枚
・ジップロックM(アイスの素用)2枚
・高脂肪牛乳500mL1個(通常の牛乳でももちろん可)
・純生クリーム200mL2個(1個でも可)
・卵黄2玉
・砂糖150g
・ヴァニラオイル10滴もしくはヴァニラエッセンス10滴もしくはバニラビーンズ適量
・タオル2枚(アイス冷却シャカシャカダンス用)
・ボウル(材料まぜまぜ用)
・氷2kg
・塩800g~1kg

作り方

1.高脂肪牛乳をボウルにぶちまける
2.純生クリームをボウルにぶちまける
3.卵黄をボウルにぶちまける
4.砂糖をボウルにぶちまける
5.ヴァニラオイルをボウルに10回フンフン滴下させる
6.箸でもスプーンでも泡だて器でも何でもいいので材料を適当に混ぜる
7.味見をする。美味しいヴァニラアイスの味がしたら美味しいヴァニラアイスの素が出来ている証拠
8.2枚のジップロックLに氷を1KGずつ入れる。
9.2枚のジップロックMに今まさに作ったヴァニラアイスの素を半分ずつ入れる。これが難しい。絶対に半分こにはなりません。
10.2枚のジップロックMをそれぞれのジップロックLに入れる。
11.2枚のジップロックLそれぞれに塩を入れ過ぎじゃないか?と心配になるくらい入れる。
12.融解熱交換効果によって氷が溶け落ち、氷が密着する物質(この場合ジップロックMの中身つまりヴァニラアイスの素)の温度が奪われ凍り始める。
13.ここからジップロックLはマイナス16度まで一直線で急速に冷たくなっていくのでジップロックLをタオルに包む。タオルに包まないと融解熱交換効果で冷えていくのはヴァニラアイスとお前になるぞ。
14.盛大にシャカシャカダンスを踊る。ここは恥を忘れてとにかく踊り狂う。狂えば狂うほどヴァニラアイスの素が急速に冷やされていく。周りに引かれるほど踊り狂うこと。
15.5分から10分でジップロックM内のヴァニラアイスの素は凍ってくる。凍りが遅い場合は塩を追加で振りかけること。
16.凍ったジップロックMをジップロックLから取り出しさっと流水で表面の塩を洗い流す。これをしないでジップロックMからアイスを取り出すとしょっぱいアイスが食べられるぞ!(今日の実話)
17.余裕がある場合はセブンイレブンなどで売っているフローズンフルーツをアイスに混ぜると美味しいフルーツアイスが出来上がります。

空き缶やほかの入れ物を使っても出来るようだが、ジップロックを使うと適度に薄く適度に平らなので熱交換効率が良く短時間でアイスが出来上がります。

アイスクリームダネをつくるのが面倒くさい!という人は、市販の業務用ソフトクリームの素を購入すれば冷やすだけなので簡単です。

っていうか、つくるの面倒くさい!とか正直に言っちゃう人は、そうですね・・・ハーゲンダッツでも買ってください。そうすればこのレシピよりずっと美味しいアイスが食べられます。

最初に作ったやつよりこのレシピ通りの砂糖多め、生クリーム多めの方が普通に美味しかったので、何でも多めが良さそうです。