土曜日の練習試合は負けましたけど初めてキャッチャーを練習試合で真剣にやって面白かった。ピッチャーを気持ちよく投げさせられるようになれるよう出来る限りで頑張っていこうと思います。こんばんはFM09です。

まあ自分の下手さ加減を厳しく認識できたから負けたかいもあったというものです。おかげで送球習得を真面目に考え始めましたから。オグレラを本気にさせてしまいましたね、本気でやればちゃんと習得できるはずです。今はこの小学生&初心者必見の動画を見てペットボトルで肩の入れ方を習得中です。わかりやすくて何かさっそく掴みかけてきた感覚があります。

両方とも同じことを言っているのですが、FM09が感覚的にわかりやすいと思ったのは下の方かな。ペットボトルを置いて肘が追い越すという表現がしっくりきました。ペットボトルの位置自体は変わらないで肘だけ肩と並行を保って出てくるという説明で何となく掴みかけています。ペットボトルが動かないで肘が出てくるところなんかモロに動画機材のジンバルの動きで、ジンバルも動作対象が激しく動いても撮影機材の位置は動きません。ペットボトルと撮影機材が同じ感じに考えたらピーンときました。野球で例えるより撮影機材の動作で例えると理解できるというのがまたFM09らしくて笑えるじゃないですかw でも確かに何かを習得しつつある気がします。このペットボトルの動きで絶対何かをつかみます。自分のダメさ加減に落ち込んでいる場合じゃありません。この敗戦で殻を破ります。そのための糧としてこの敗戦があったとしたら無駄じゃない。送球はマスターしなくちゃいけないのにずっと後回しにしてバッティングだけ楽しんできたんだからそろそろ送球をマスターしないと。現状投げ方が変なんだから希望がある。投げ方がちゃんとしていてそれで2塁に届かないより投げ方が変で2塁に届かないほうが改善の余地がありすぎるほどあるんだから出来ないことが逆に大いなる希望です。

もし送球が普通or普通以上になったらFM09の大きな欠点が埋めたてられます。家も建てられます。ただじゃ転びません。この敗戦でまた大きく成長すればいいのです。弱いということはそれだけ成長の余地が残っているということ。楽しみしかないじゃないですか!もう成長できないよりずっとずっと楽しい状態ですよ、皆さん!