アマゾンでやたら野球関係のお薦めが出てくる。教習本とキャッチャー関係。FM09です。

総監督が3週連続休みという事で3週連続監督代行をしましたが、その最終週が今日でした。

その間、練習試合が2回あってその練習試合もオーダーを決めました。

地に足のつかない3週間が終わり、来週からは奴が帰ってくる。デデンデンデデン。

やっぱり総監督が居ないとこのチームはダメだという事が身に染みた3週間でしたね。練習がおかしいです(誰のせいだよw)

10月の練習試合はやっぱり総監督がオーダーを組むべきかと思います。そろそろまともなオーダーを組みましょうよ。

なんか良い練習が無いものかと色々考えたのですが、どれもこれもポンコツな練習ばかりでどうにもこうにもという感じでした。そもそも野球をわかってないので効果的な練習メニューなど考えつくはずもない、という事に今日やっと気が付きました。

FM09お任せメニューは3品でした。

1.トスロングティーバッティング
2.ライナーフリーバッティング
3.高速内野パワーノック

1.はトスバッティングの代わりにボールの芯を叩いて遠くまで飛ばす練習として企画しました。通常のフリーバッティングと違い球が遅いトスロングティーバッティングはユーチューバーがやっているような胸のすく快打でボールを打つ楽しさを堪能しようと企画したのですが、トスに上手くボールが当たらなかったりゴロばかりだったりとちょっと想定とは違っていました。この練習は失敗だった、とこの時は思っていました。まさか3週間後に「この練習はまだ成功の部類だった」と思い返す羽目になるとは・・・。

2.は内野をライナーで抜く練習として企画しました。内野を早く強い打球で抜いて打線を繋げる事を目的とした練習だったのですが、狙ってライナーを打つというのも少々難しかったようでただのフリーバッティングになってしまいました。

3.は基本2で失敗した企画の焼き直しです。焼き直しというと聞こえは悪いのですが要はブラッシュアップです。ピッチャーの投げる球をライナーに限定して打つなんてバットコントロールが出来るならそもそも苦労しないという事を失念していました。高速内野パワーノックはノックですから自分の好きなタイミングで好きなボールを打てます。なのでノッカーは強烈なライナーや内野強襲のゴロを打つ練習になり、守備陣は実戦さながらの打球をリアルに受ける練習になり、内野を抜ければバッターの自信となり、内野でストップできれば守備陣の自信になるというどちらに転んでもオイシイ、ノッカーと守備陣双方の練習になる画期的な練習のはずでした。ですがこれも上手くいきませんでした。

3回あるチャンスを1回も打てなければもう三振です。3人の打者が打ち取られればスリーアウトです。

つまり3回もチャンスがあったのに何一つ効果的な練習を提案できなかった時点でFM09に練習考案のセンスは皆無という事がわかりました。スリーアウトチェンジです。

しばらくは地下に潜って、地面に無限に散らばっているはずの練習の種を頬張る事にしました。こんな風に。

またくだらない練習を試しても良いフリータイムみたいな時があったらその時に試せるように練習リストみたいなのを作っておこうと思います。

結局オーソドックスな練習が一番時間を有効に使えるということなのでしょうね。先人が幾多の試行錯誤を重ねて到達した英知という事なのでしょう。

ただ練習メニューを考えるという行為は自分たちに足りないものを客観的に見つめ直す時間を作る事にも繋がりますので、考える事に関しては無駄ではなかったと思います。それが実際に上手くいくか上手くいかないかなんて、やってみないとわかりませんから。

でもパワーノックという言葉はなんかカッコよくないですか?この言葉だけは残したいですね。

ま、パワーを付ければ全部カッコよくなるような気もしますが。

パワーコーラ
パワーかき氷
パワー焼肉
パワーソフトクリーム
パワーラーメン
パワー茶漬け
パワーゲソ
パワーカクテル
パワービール
パワーハンバーガー
パワーステーキ
パワー炭火焼き
パワーBBQ

もうすぐBBQですね。栗でも放り込んでやろうかな。

それと今日は三脚を忘れたのでビデオ撮ってません。練習に集中できるという意味ではビデオ撮影、もうそろそろ終了しても良いのかもしれません。ビデオ撮影する暇があったら送球が出来るようになったりキャッチャーが出来るようになったりホームランが打てるようになったりしたいです。ビデオはもういいかなぁ。