レッドフォックスへ本日の体重報告。76.5kg。先週キャプ天丼やらかき氷やらアイスやら食い散らかしたのに体重が増えないのでだいぶ低糖質生活が板についてきたで。でもまだ腹フツーに出てるで?おかしないか?減った8キロはなんや?何が減ったんや?脳みそか!?アホになったんか!?なんやて?そりゃもともとやて!?うっさいわ!アホッ!ボケッ!低糖質食材を買いあさっとるから普段より多めに散財しとる分、財布はだいぶスリムになったけどなw!おぐーやで。

今日は大谷のホームランダービーを生観戦できました。生っつってもテレビで、ですけど。リアルタイム観戦ってやつやな。

惜しくも1回戦敗退やったけど、楽しませてくれたで。テレビで元巨人のまきはらが投手の事を批判していたけど、まったく的外れや。お祭りモードで楽しめばええんや。そのうえで上位進出出来たらっつー、順番やろ。本人、こんな滅多にない機会に周りでお世話になってる人達と楽しみたかったんやからあれで正解や。野暮な事いう奴やな思たで。

にしてもみんなポコポコホームラン打ちよってなんやあいつら。やっぱり世界トップの連中は凄いのう。溜息出たで。

わしもいつか打ってみたいおもとるけど、もう見てるだけで幸せやから見てるだけでもええかなって最近は思うねん。わし、ホームラン打つには身長も体重も筋力も技術力も気力も何もかもが足らんねん。身長が180cm、体重が110kg、背筋300kg、論理的なスイング、燃える闘魂ならもうホームラン量産しとるで。

憧れからいつのまにか目標になっとったけど、冷静に考えたらおぐーには手の届かない領域に手をかけようとしてたんやな。星空に手を伸ばし、数万光年離れた夜空に輝く星に興味を持ってどうにか掴もうとする赤んぼみたいなもんやったんや。それが不可能だとわからずにその行為を繰り返すのは赤んぼなら可愛いが、おっさんじゃ画にならんのにな・・・。可能か不可能かを決めるのは自分自身と良く言われるやん?自分自身に正直に問いかけたら、ま、正直、ノーやな。現状やと。外野オーバーは打てると断言出来るけど、ホームランはノーやな。わしの今の器はホームランを打てる器や無い、と心のどこかでおもとるのは素直に認めざるを得んな、残念やけど。

だからってそのままにしとるわけやないで。そやから器を大きくする取り組みを今してるんや。基礎を確かに、足腰を強固に、見直せるところを見直して器を大きくするんや。器が大きなったらホームランの方が勝手に収まるって寸法や。現実的かつ可能性がある唯一の方法やと思うで。それしかないんや!おぐーみたいな基礎が出来てない奴がこのうえホームランを打つにはな。現状を素直に認め、ぶちぶち言いながらもそこから一歩ずつ先に進まなな。

ま、硬式ボールなら偶然ホームラン打てる気もするんやけど打ってみる機会があったらまたやってみたいわ。

一昨年、硬式ボールでやったフリーバッティング、楽しかったの思い出すわ。あのガツン、ゴツン、キーンという手に残る衝撃、まだ忘れてへんで。硬式ボールでの試合はご免被るけど、硬式ボールでのフリーバッティングはばっちこいやで。