どうも実感わかないけど始まったらしい。おぐーです。

ぱらりんが終わるまで東京の仕事が憂うつで仕方ない。車激混みで絶対行きたくない。

柏インターから三郷インターまでめちゃコミッ苦らしいですよ。一車線オリンピック用に潰してるんだって。八潮からにしてくれよせめて。

あと外環の料金も千円あげてください。

首都高からの回避組でめちゃコミッ苦らしくて戸田とか行きたくない。

さて一応開会式を通しで見た感想を。

センスがちょっと疑問視なのと、思想や哲学みたいなのが感じられず切り張り感満載の式典でした。何が言いたいのか、そこでそれをやる理由は?みたいな疑問を押さえながら観るのに苦労しました。

部分部分では観るべきものはあるのですが(ほんとお前何様だ毎回)全体を通して構成するディレクターみたいな人は居ないのでしょうか?居てあれなら高給要らないのでは?

ま、日本のイベントの演出のセンスは長野オリンピックの時からずっと疑問視してきたので今さらガッカリもなにもないのですが、少し寂しいですね。やっぱり根底にエンターテイメント精神や自己表現能力が低いという性質があるんでしょう。

森山未來のあれ、要らない。

テレビ局クルーみたいなの、要らない。

翼をください、今さら?

イマジン。使いふるされてるけどメッセージは良いからOKだが、使い方が意味不明。これ使うならもっと良い使い方、おぐーでもパッと閃くわ。

海老蔵のあれ、まったく要らない。時間の無駄。

聖火。野球部のブログで書くのが申し訳ないけどONM要らない。聖火点灯地味。炎がほとんど見えない。

これは、日本のクリエイティブというのが個人の力に頼っているのと組織委員会がおそらく外注でとある企業に丸投げしていて監査が効いてないからこうなるのだとしか思えなかった。

アメリカの映画の作り方、ドラマの作り方をみてもわかるけど、面白いのはだいたい脚本家が複数居て脚本の良いとこ取りをしていって合同で作り上げるものは独りよがりにならずに不特定多数の人にとって面白いものが出来る。一人の才能に頼っていないので思想が偏らず、面白くないところは他者のアイデアのブーストがかかるからだ。

通しでその作業をすることでシナリオは練り上がっていく。

日本のこの開会式の演出は部分部分を個別に担当者に任せて個の才能に寄って作り上げた作品のように感じた。パートの繋がりに意味が見えなかったから。そして内輪の傾向も垣間見れた。

センスは人によって違うからまったく違う感想を抱いた人もいるだろうけど、ボクの目には総じて継ぎ接ぎで紅白歌合戦でもみているようなユルいノリを感じてしまい、これが4年に1度の国際的な大会の開会式を67年ぶりに準備したいと立候補した国の仕事(正確にはオリンピック委員会の仕事なんだけど)か!?と感じてしまった。

オリンピックは競技がメインだから別に良いんだけどさ。

ブルーインパルスの焼き直しもちょっとね。凄いんだけど、あまりに懐古主義というか。しかも良く見えなかったし。今の時代にあったもっと違う見せ方があるんじゃないのかと。67年前と同じことをするのはオマージュとしては良いんだけど67年の月日が経ってるんたから新機軸を盛り込まないと。

愚痴ばっかり言ってもあれなので良かった所も。

プロジェクションマッピングは自由自在だったんだからあれを全面にもっと色々やれば言いと思うんだよね。海老蔵とか要らないから。

ゲーム音楽を行進に使ったのは良いんだけどそういう路線にするならループさせるんじゃなくてゲーム音楽に限らず漫画、アニメもふんだんに使う演出の大胆さがあっても良かったよね。もうゲームとアニメの国で良いじゃん。ゆるキャラも日本の大きな特徴だから、各地のゆるキャラ、スポーツチームのゆるキャラ、全員集合でボランティアに着せれば良いんですよ。クレイジージャパン言われても良いから。そもそもそういう路線だったじゃん、リオ五輪閉会式のバトンタッチ式の時。海老蔵とか要らないから。

ドローン地球儀はへぇーと思ったけどバッテリーの問題か出番が少なかった。もっと色々出来そうだけどなと思ったよ。選手入場とかドローンに乗せたり、聖火台がない設計を逆利用して巨大ドローンを使った空中聖火台とかね。それがスカイツリーまで飛んでって、スカイツリーがオリンピック期間中に巨大な聖火のモニュメントになるとかの大胆さが欲しかったですな。世界一大きなオリンピック聖火台とギネスに載っただろうに惜しいことをした。そして海老蔵とかやっぱり要らない。

橋本オリンピック委員会会長の話は元アスリートとしての本心とせめてものおもてなしが感じられて良かったです。見直しました。そのあとのバッハの校長先生を余裕で越える空気読まない聞くべきものの無い長話に比べて。AR技術を使ってバッハと校長先生を合成して欲しかったくらいですよ。ていうかバッハって空気読めないのかね。なんなんこの人。海老蔵と共に要らない。

とにもかくにもこれであとは競技を楽しむだけとなった。

これが一番の良かった点かも。