普通に生活するには全く問題無いのに良く治すためにおとなしくしてなきゃいけないのが苦痛。おぐーです。

来週の木曜日はボクにとって最後のマリンカップ参加だからやっぱり埼玉西武ライオンズの師匠達と時間を共有することにした。おかわり、あぐー、もりりん、タイラー。彼らが躍動する同じ場所でボクも躍動したと言う記憶と共に去っていきたいから。

ミラーズに参加する前に1回、ミラーズに参加するようになってから3回だったか、こんなにマリンスタジアムで野球をすることが出来たなんて超ラッキーでした。最高の野球人生でした!

木曜日晴れると良いな。

1本でもヒットを打って思いっきりマリンスタジアムを堪能してこようと思います。三振でもそれはそれで充分堪能できますけどね。今までの野球人生の集大成として野球やってきます!肉離れしてますけど、そんなの関係ねー。

にしてもここ1週間で大一番が続く。

日曜野球の方はあと3試合だけど1試合は不戦勝が決まっているので実質あと2試合。現状リーグ首位のファミールは優勝を争うチームとの大一番を明日迎える。

本当はおぐーも参加してバカスカ打ってチームに貢献したい所ではあったのだけど、毎年秋恒例の肉離れ祭り実施中なので応援するだけに。

間が悪いというかなんというか。

なんでこういう時に限って怪我をしてしまうんだろうといつも自嘲気味になる。

去年も船橋歯科医師会との試合を楽しみにしていたのに肉離れをして試合に参加出来なかった。

年取るとスポーツ選手は引退していくけど、その理由ってパフォーマンスが落ちるからだとおぐーは思っていた。でもおぐー自身の事を考えると肉離れをちょくちょくやるようになったのは40代になってから。パフォーマンスが落ちるだけでなく、怪我をしやすくなる、怪我が治りにくくなるという生物としての生命力の劣化もスポーツ選手の引退事由なのだという事が自分の身を介してわかった。しょっちゅう怪我をしていると本来であれば成長できた、鍛えられた時間を治癒に当てなくてはならない。これはスポーツ選手にとって不利益以外の何物でもない。肉離れなんて最低でも2週間、本来3週間、念には念をで4週間くらいは回復に時間をかけた方が良いのだ。おぐーもそこら辺考えると、もう全力で走るのは回避した方が良いと感じるようになった。速く走ればそれだけセーフになったり捕球出来たりするのかもしれないけど、その代償がこれでは毎回毎回辛すぎる。全力で走らなければ肉離れはだいたい避けられるのであれば、肉体の劣化を受け入れて走りはほどほどにする時期になったという事なのだろう。体重を減らせばまだ行けるかも知れないけど、草野球レベルでそこまで頑張る必要も無いし、そもそもボクは長距離バッターになりたいのであって速く走りたいわけでは無いのだから無理に頑張る必要は無い。急加速は危険すぎる。ゴロを打った時は素直にアウトになる事にします。もう決めました。怪我をしないでプレーしたい。

怪我の方は少しは落ち着いてきたので木曜練習で確かめた感じでは練習は一応参加出来る。けど走れないので試合では戦力にならない。だから日曜野球の優勝決定戦は参加を見合わせた。ファミールは強いしおぐーが居ようと居まいとなにも変わらないから安心して観覧できる。

でも1点差で迎えた7回ツーアウト満塁、1打サヨナラの場面で代打に指名されたらもう大興奮でアドレナリンが身体中を駆け巡ると思う。走らなくてもセンターオーバーを打てば試合を決定付けられますからね。シチュエーション的に一塁までのそのそ歩いていけば良いだけだし。ああー、そんな場面で代打に指名される選手になりてぇw

チームが優勝する瞬間を共有したいから試合前練習だけ参加して後は応援してきます。ミラーズでは味わえない醍醐味を味わってきます。

そうそう、11月の練習試合の件、明日話し合ってきますよ。20日は監督とJRが居ないと言うことだったのでなるべく他の日で調整してきます。なるべくみんなが居る時の方が良いですからね、せっかく練習試合やるなら。

おぐーは人数少ない方で参加させてもらおうとおもいますが、ファミール側で参加したらミラーズを蹂躙できるし、ミラーズ側で参加したらエースピッチャーの岡田くんと対戦できるしどっちでも面白そう。可能ならどっちもDHとして参加させてもらって両方のチームをボコボコにしたいところではあるんですけどね。ずっと攻撃をしてる野球。想像するだけでヨダレが垂れてくる。勝つためには取られた分を取り返せば良いだけなんだから。攻撃こそ最大の防御、熱く滾る言葉です。

ステキ。