打撃と守備の復習

レガシーはやく買いたいんだけどなんかどこかで即買いで10%ポイント還元で売ってるところ無いかね。情報求む。オグレラです。

忘れそうなので日曜野球の反省点を書いておく。

ホームランや外野オーバーを目指すのは良いが、同時に打球の速さと相手の投球に応じた柔軟でコンパクトなスイングも習得したい。どうも飛距離を狙うあまり、コンパクトなスイングをしようと思っても出来ない。理想を追いつつ今必要なバッティングとはなにかを常に考えられる頭の良さを持ちたい。チームバッティングに徹する場面でそれが出来るようになると相手にとっては嫌なバッターになれると思う。ホームランを打てないまでも長打は割りとコンスタントに出るようになってきたので底上げは出来ていると信じたい。にしても練習でなんか打ててないのに試合だと何故か打てたりするのがわからん。集中力の差だとしたら普段の練習では集中していないことになるので何か他の理由があるはずだ。何だろ違い。打たせるためのお膳立てされたボールより打たせないために放られたボールの方がリアリティーがあって打ちやすいのだろうか。そんなわけ無いよな。あー、でもあれかも。全部打とうとするフリーバッティングより、見極めようとする実打の方がバッティング時に「打つっ!」という意思が凝縮しているような気がする。なんとなくだけど。

守備でひとつ勉強になった。セカンドゴロに対してはセカンドと平行にカバーに動く動きをライトは行わなければならない。日曜の試合でセカンドカバーではなく一塁のカバーに行ってしまい、セカンドのトンネルをカバーできなかった。無失点で切り抜けたから良かったものの、そのせいで失点しそれが決勝点となった場合は悔やんでも悔やみきれないだろう。後で考えれば至極当然の動きだが、当事者だとそう動いていないのが指摘されてわかった。アドバイスをくれた伊差川さんには感謝だ。オグレラが成長できるように、チームの力になれるように言ってくれるのだからありがたい事である。一度経験したミスで成長しなきゃダメだ。次はちゃんとカバー出来るようにやってみよう。

二番目に出てきた速い球を投げるピッチャーから簡単に盗塁した伊差川さんは特に足が速い訳ではなくむしろ遅い。ではなんで盗塁できるのか聞いてみたら「あのピッチャーは一度確認したら二度は確認しないから」と普通に言っていた。はたしてそういう問題だろうか?オグレラもフォアボールで出塁したけど、そんな風だったかな?投げる気配はないなとは思ったけど、球が速いから盗塁できるのか否か良くわからないからリードしかしなかった。本当は盗塁できるチャンスがいっぱいあるのだろうか。両者の差はなんなのか?ピッチャーをもっと良く観察したら盗塁なんて簡単に出来るのだろうか。アウトになることを恐れすぎているのだろうか。わからない。まったくもって不思議である。

9-0と大差で勝った試合ではあるが、色々考えさせられることはあるなぁと思う。にしても、未だにこのレベルなのだから人に教えるなんて遠い先の未来の話だな。

コメント

12 月のミラーズの予定
01 月のミラーズの予定
02 月のミラーズの予定