刺激を受けた試合

明日は焼き肉、明日は焼き肉。おぐーです。

続きみたいなもんだけどさ。殿のチームに参加してあらためて思ったのは、野球は送球が出来るとカッコいいということだ。

ボクはバッティングフリークを自認してるけど、なんだろう、送球が速い、送球が正確、という事に最近凄い魅力を感じるようになってきたのだ。

この試合でもホームランを打った人、ボールを飛ばすのが上手い人がいて、凄いなーと感心しきりだったのだが、それと同時にピッチャー陣、キャッチャー陣のレベルが高くて驚いてしまった。

みんな球が速いし、コントロールが良い。二塁までノーバンで投げられるし一塁への送球もすごく上手くて捕りやすかった。いわゆる普通の草野球プレイヤーの人達って感じだった。

何て言うか、ボクはそんなにでしゃばった性格ではない、というかどちらかと言うと3歩下がって師の影を踏まずといった非常にわきまえた、前に出る性格ではないのだが、スポーツに限って言うと根拠もなく「他の人に出来て、俺に出来ないわけはない。やれば出来るはずだ」という傲岸不遜な考えを持っていたりする。これがボクの本当の性格なのかわからんけど、スポーツに限って言えば同じ人間なんだから大抵の事は出来るはずだと根拠もなく思い込めるポジティブな性格だったりする。

もちろんこの前の織田くんみたいなプレーヤーを見ると「あぁ、やっぱり才能の差ってあるんだ」と現実を知ったりするのだけれど、普段は結構目の前で圧倒的な差を見せつけられてもなんかボクにもできるんじゃないのかな、なんてノーテンキな事を思ってたりする。

やっぱりちゃんと投げたい。ビュッと投げて、ズバンと相手のグローブやミットに収まるああいう球が。それだけでなく思ったところに投げられるコントロールも欲しい。

今までは出来れば良いなぁ、だったけど今回の試合に参加してあの人達に見劣りしない送球を出来るようになりたいと思ってしまった。

才能の差を越えて、どこまで出来るのか挑戦したくなった。思うように投げられる技術を自分なりに探求して行こうと思う。何回失敗しも元々出来ないんだから減るもんじゃない。出来なくて元々だ。

ミラーズの練習で送球をもっと真面目にやろうと決意しましたって話。やはりたまには少しレベルが高いところで野球やってみると刺激を受けるので面白いですよね。ファミールより上手かったと思ったし。

コメント

02 月のミラーズの予定
03 月のミラーズの予定
04 月のミラーズの予定