箸休めのゴルフ

野球もいいけど他のスポーツもね。おぐーです。

今年の年末まで色々忙しいけど、今週の木曜はゴルフなのだ。

なんだかよくわからない形でゴルフ再始動がかかってしまった2021年、師走に締めのコース再びってのも良いもんだ。

一応練習はしているのだけど、ハーフショットを延々としているだけでハーフショットマシーンになった感じだが仕方なし。下手くそなんで。

ただ野球とゴルフのスタンスの違いのおかげでゴルフはおぐーにとって完全にレクリエーションなので気軽な物なのである。

前回、18ホール周って148安打と結構打った。

野球で言うとシーズン148安打というのは結構な成績かと思うが、違うぞ。これは1日のコースでの打数だ。

ボーリングで10ゲームで98という打点を出す事もあるおぐー。野球で98打点ならトップ10に入る成績だが、違うぞ。これはボーリング10ゲームでの打点だ。

ということで、基本精密さを誇るスポーツでおぐーの活躍はありえない。雑だから。全てにおいて。

でもだからこそ楽しいのかもしれない。まぁダメだろうと思う中、意外とうまく行った時のしてやったり感が爽快なのだ。

どこへ飛んでいくかわからないドライバーがまっすぐ飛んでいった時の爽快感。

あさっての方向に飛んで行ったボールがスライスしてコースに戻ってきた時の奇跡感。

テキトーに打ったボールがたまたまグリーンオンした時の万能感。

勘で打った長距離パターがカップインした時のうっしゃー感。

もうしわけないが打数を競うスポーツではまだまだないゴルフだが、だからこそ純粋に楽しめる段階にある。

やり始めというのは何でも面白い。

まだ見ぬ未知なる世界が広大に広がっているからだ。

で、である。

はたして野球はボクにとって今どんな世界を見せてくれているのだろうか。

やり始め、ではもうない。だいぶやっている。

だいたい自分自身のポテンシャルも見えてきた。

打撃は好きだけどボクが憧れる能力はボク自身には無いなとやればやるほど感じる事も多い。人間、やりたい事とやれる事は大体において相違する。おぐーなんか仕事でも遊びでもスポーツでもやりたい事とやれる事が乖離し過ぎていて残念に思う事が多い。そういう時、いつも現実主義になれずやれる事ではなくやりたい事を選ぶので損な選択ばかりしているなぁと思う事も多いけど、後になってあの時やれる事を選んでおけば良かったと後悔したことは無いし、もう一度選択したとしても結局同じような選択をすると思う。そういう所が色々損をしているのは充分わかっているけど、ボクは得をするために生きているわけじゃないので結果的に損をしたってやりたい事を選択したいし、そういう選択をする自分で良かったと思う。得だからとそれを選択する方が何かと楽だしうまく行くだろうけど、それで?って思うし。だから未だにホームランを目指しているし、それに関して後悔したことは無い。能力の無さにガッカリはちょくちょくするけどさ。それはまあ能力不足と能力の方向性が望む方向とは違うだけだししょうがない。

守備は面倒くさいし安定感は無いけど、あまりこうありたいと望む姿が無いので自分自身にガッカリせずにやれるのが良い。源田みたいに上手い守備をやりたいとかエチェバリアみたいにスーパープレーをやりたいとかはそりゃあるけど、基本、スポーツは攻撃的に行くのが好きなので、守備とかw

最近だとオーダーを決めさせてもらっているので体を動かす方向ではなく、選手の特性を把握し保有戦力でどう戦うかの構想をしたりするのも楽しかったりする。そういうのを考えると自分自身で考えているわけでは無いが、無意識の中で「もうそろそろ本格的な運動は潮時なのかもしれない」となんとなく自分自身が悟っているのかも知れないなぁとも思わなくもない。体を動かすのは相変わらず大好きだが、やっぱりひとって年齢毎に役割が変わっていくものじゃないですか。会社の中でも20代に求められるもの、30代に求められるもの、40代、50代と自然と役割が変わっていく。というか変わっていかなければダメじゃないですか。20代で求められていたことを40後半でやっていたら会社だったら評価されないです。必要ありませんからそういう人材は。だから管理職になっていくわけですからね、会社員は。

ファミールの野球も、ミラーズの野球も、その他の野球も、ボクにとってはただのレクリエーションですけどそれぞれの野球でどんな世界がみえているかって考えるとちょっとずつ違って面白い。

進歩が遅い分、まだ見ぬ広大な世界は未だ目の前に広がっているけど、見えているだけで進むことは出来ない感じはしています。寂しいですね。

せめて伸びるような送球と、狙った所に投げられるコントロールと、カッコいいバッティングフォームぐらいは手中に収めたいんですけどこれがなかなか・・・。

織田君とかトノのチームの上手い人とかファミールの岡田君とか上手い人は周りにいっぱいいて参考にはなるけど、それを真似できないもどかしさというかね。

まあそういう人たちも、もっと上手い人たちのように出来ればなぁと思ってるんでしょうけど。

体を動かしているだけで楽しいから野球をやったらそんな事、忘れて楽しいんですけど、望むものを手に入れたいという気持ちもやっぱりあって。

ユーチューブの動画を見て出来るようになった気になっては実際にやって出来ない事を実感する。野球は本当に難しい。

コメント

12 月のミラーズの予定
01 月のミラーズの予定
02 月のミラーズの予定