里崎智也

おぐーだす。

里崎智也が西武のキャンプを覗きに行った際の論評が載っていた。

西武の若手のマン振りにはグッと来るものがある

打った球が貧弱でも第一クールから全員マン振りするその姿勢にグッと来るものがあると語っていた。

確かに去年は最下位だったし、貧打だったので山賊打線は過去のものになりつつあるが、その遺伝子のようなものは途切れたわけではなさそうなので安心した。

積極的な姿勢で望むのか否かが未来を変える可能性を左右するのだろう。若手はピークに向かって伸びてゆく原石で、自分の未来を作っていける立場の者の成長過程を僕たち観客は楽しませて貰うわけだ。レジェンドのベテランとはまた違った魅力が若手にあるのはそういうところだろう。

にしても。

やはり強い打球を打ちたいのなら振るしかない。技術云々を語る前に振りにその意志をどれだけ込められるかが打球を遠くに飛ばすのだと教えられた気がした。

コメント

12 月のミラーズの予定
01 月のミラーズの予定
02 月のミラーズの予定