糖質疲れ

11月もあと3日で終わり。今年ももう30日ちょっとですね。ほんと一年が早い。もう年末ですよ。プッチ神父居ると思いますよほんと。

糖質ばかり気にしすぎて疲れました。

もうなんだか嫌になって今日は大満足みかんゼリーとパピコを食った。冷凍食品の海老ピラフを皿一杯食べて色々破綻した。

昨日野球の練習やったからそんな影響もないと思うけど、、、。

いちいちチマチマ食品買うときに糖質欄を見て買うの疲れる。でも痩せて少し筋肉質な体にもなりたい。

見映えの問題ではなく単純に運動能力をアップしたいがためなんだが。

野球やるのもゴルフやるのも歩くのも走るのも結局体脂肪ってあんまり役に立たない。長打するのに体重があった方が良い気もするけどデメリットが多すぎてなんとも。

デメリットとしては

1.すぐに息切れする
2.腹肉が揺れて上手く走れない
3.ユニフォームが着れない
4.疲れやすい
5.足がつりそうになる
6.ダルおも
7.やる気が減退する
8.瞬発力が低下する
9.ドロドロ血液になる
10.腹スゲーなと驚かれる
11.筋肉ではないのでパワーは別に増加しない
12.ベルトの穴が足りない
13.ベルトに負荷がかかり千切れる寸前
14.歩き方がのっしのっしという感じになる
15.汗をかくようになる
16.電車で席に座るとなんだか窮屈
17.柔軟性が低下する
18.良く食うでしょみたいなレッテルを貼られる
19.ヘッスラすると自重で怪我をする
20.ボールを拾うのすら疲れる
21.シートベルトをするとハムみたいに肉がはち切れる
22.ランニングが億劫になる
23.ラーメン屋等で座席固定のカウンター席は嫌
24.健康診断に悪い
25.怠惰な人間にみられる
26.トンボが重い
27.キャッチャーフライ時、呼ばれても他人事
28.睡眠時、酸素飽和度が低下する
29.メガネが小さくなった気がする
30.寒くない

166.5cmだと平均体重は50キロ後半なんだとか。

日本人どんだけ華奢なんだよって感じだ。そんな体型では有事に心許ないではないか。

既に歴史レベルの話になるがボクは肉体のピークであった高校時代は60前後、大学時代は60中盤、サラリーマン時代は60後半、そして今は80中盤がデフォルトとなっている。そう考えると人生の肉体性能ピーク時に比べて30キロ弱増えているっちゃ増えている。

高校時代はそう言えば腹筋が見えていた気がする。ボクにもそんな時代があったのだと思い出した。

やはりここは糖質疲れとか言ってないで少し肉体を若返らせないとダメだな。

この前91の人生最高峰を登ってきて下山して今は85キロとなっている。

もし仮にあまり筋肉を落とさずに70を割れたら、ボクの運動能力は昔の状態に近付けるのだろうか。

70前半の状態で野球やってみたい気もするが、精神的にキツいので無理かな。でも絞った状態で一度やってみたいな野球。

コメント

02 月のミラーズの予定
03 月のミラーズの予定
04 月のミラーズの予定